最高のクォリティと最高のプレイ内容。安定感抜群の超ハードBDSM動画を配信するポルノ企業。

1997年から2005年までの間、世界中のSMマニアを虜したInsex、その後改に再起動した

Intersec Interactive Inc.

Brent Scott(ブレント・スコット)氏。ここにやりすぎた男がいる。
Intersec Interactive Inc.の創設者ブレント・スコット

Brent Scott(ブレント・スコット)氏

Brent Scott(ブレント・スコット)
米国(ニューポート)出身。
Intersec Interactive Inc.の創設者。 この企業は、海外のSMポルノ業界において、最もクォリティの高いハードSM動画を配信している。有料ハードSM系動画サイトの中では、紛れもなくトップクラスの企業である。
このIntersec Interactive Inc.は、インターネット上に存在する ” 過激なハード系SM動画 ” の中でも、極めてハード且つ独創性の強いコンテンツを世に送り出している。彼(ブレント・スコット)は、ピッツバーグ:カーネギーメロン大学の教授という肩書を持つ。通称PD.

表向きは大学教というお堅い面持ちをしながらも、彼は潜在的サディスト、所謂ノーマルな性質の人間ではない。彼は自身の特殊性癖の理由もあってか、兼ねてから計画していた有料SMポルノサイト「Insex:インセックス」を1997年に開始した。 この「Insex:インセックス」は、米国にてBDSMライブフィードサイトとしてスタートしました。 当時このインセックスは、SMモデルと男優がライブ視聴者を相手に、過激なSMプレイを中継するということで多くのSM愛好家達の間で話題になった。 そして世界中に多くの会員を獲得し、サディスティックな性癖をもつ世界のコアなユーザーから絶大な支持得る。(当時の会員料金は$60~$179)このときインセックスは、約3万5千人の会員獲得に成功した。 しかし、その内容があまりにも過激なプレイ内容だったため、米司法省の圧力により2005年に、サイト閉鎖を余儀なくされました。当時Insex インセックスのサイト収益は約月$2万ドル(日本円で約2千万円)にも及んでいたが、このまま米国の法律に規制をうけた状態でのサイト運営維持は難しいと止む無く断念。 500タイトル以上あった動画コンテンツをオランダの企業へ譲渡したと言われている。(このときの売却金額は400百万ドルとも言われています、ざっと計算してもそれは日本円で3億2千万~8千万くらいにはなる、驚きの金額だ) インセックスはその後、継続運営され、事実 今現在でもサイトは存続している。 当時このInsex インセックスには、現在でも大活躍中の有名ポルノ女優が出演していた、それはローレライ・リー、アドリアナ・リコール他である。

 

cyd black シド・ブラック氏

前身Insexを元に新サイトを立ち上げたブレント・スコット。
彼(ブレント・スコット氏)は、自身のポルノコンテンツ「インセックス」を売却後も、改に有料BDSMポルノサイトを開始するために計画を練りはじめる。そのブレント氏の頭の中には、改に2つのサイト「Infernal Restraints」「Hardtied」があった。 そして彼はこれら2つのウェブサイト制作を、かのKink.comでも活躍する「シド・ブラック氏」に依頼する。 シド・ブラック氏は、クリエイターとしても優れた知識とスキルを持ち合わせているが、それと同時に彼は米国では著名な緊縛調教師でもある。彼がプロデューサーを務めた他のサイトの中にはKin.comの「DevieBondage デバイスボンデージ」などがある。 この2つのサイトを皮切りに、ブレント氏はサイト数を増やし、後に「RealTimeBondage」「TOP GRL」そしてマット・ウィリアムスがプロデュースする「SexuallyBroken」が誕生する。そして今現在では、Intersec Interactive社は7つのSMサイトを運営している。現在彼は大学教授時代のピッツバーグを離れ、現在のブルックリンへと移住している。

自身の変態性癖をSM映像として描写することに諦めないブレント氏は、更に前進する。

彼が創り出すBDSMコンテンツは、確かに過激でハードだ。連邦政府の圧力があり、サイト閉鎖まで追いこまれながらも、尚且つ残虐で残酷なハードSM動画を作り続け、世界中に配信し続ける彼には、彼なりの絶対的使命感と拘りがあるに違いない。それはIntersecが運営する7つのサイトを見れば一目瞭然である。各サイトから生み出される ” 圧倒的な独創性と世界観 “ は他の追随を許さないほど強烈なインパクトがある。 これはあくまでも憶測に過ぎないが、彼はユーザーは見たがるコンテンツ(映像)を最優先にして動画制作は行っていないような気がする、彼はきっと良い意味で頑固物である。 彼はあくまでも ” 自身の性的幻想からコンテンツを生み出している違いない・・ つまりブレント・スコット氏にある根源的モットーは、自身の拘りである性的プレイのルールや表現、それは必ず求めているユーザーがいる、それはユーザーの好み(性癖)と必然的に合致するはずだという思い。 彼は自分のやりたいことをやり、思い切り映像で表現しているだけだ、きっと。それはIntersec が運営する7つのサイトのコンテンツ(動画)を見れば分かる。そこにはもちろんSMマニアが誰しもが好む「緊縛」や「拘束」、「鞭打ち」などのプレイはあるが、Intersec はそれだけでは終わりません。 ここで具体的なプレイ内容をすべて説明することは困難ですが、その内容は本当に一部の超マニアにしか理解不能な世界が広がります。 「頭髪をバリカンで刈ったり、舌に釘を刺したり、火で炙ったり、水に沈めたり、食べ物を顔中・体中に塗りたくったり」その鬼畜変態映像は独自性が強く、SMの世界の・・更に裏側に奥深く足を踏み入れたような気にさえなります。

Insexの裏側を描いたドキュメンタリー映画「Graphic Sexual Horrorグラフィックホラーセクシャルホラー」

Insex誕生から閉鎖まで、その撮影舞台裏、ブレント・スコット氏へのインタービューなどを収録。Barbara Bell(バーバラ・ベル)、Anna Lorentzon(アンナ・ローレンツォン)により制作されたドキュメンタリー。ブレント・スコット氏の他にも、プリンセス・ドナ、ローレライ・リー、クレアアダムスなどの顔も登場する。

彼(ブレント・スコット氏)の極限までやりすぎたBDSM動画は物議を醸すことになる。

—Insex safeword(インセックス セーフワード)—
今現在でもハードなSM動画を配信しているIntersec社だが、このグラフィックセクシャルホラーでの公開されたドキュメンタリー映像も当時問題定義されている。それは日本国内のSM動画制作時でも同じであろうが、これら過激SM動画制作時には「セーフワード」と呼ばれる言葉がある。このセーフワードはつまり、女優(モデル)が身体の限界を感じたとき、それを極端に言ってしまえば ” このままプレイを続行しては死に至るかもしれないという危険性 ” を感じたときに撮影側に示す言葉である。
貴方も既にお気づきかもしれないが、例えばKink.comの動画では必ず冒頭の女優インタビューで彼女らが口にする言葉「Ah.Ah.Ah. あ、あ、あ、」だ。出演女優(モデル)の口から撮影中にこの言葉が発せられた場合、撮影側は直ちに安全を確保し、撮影(プレイ)を一旦中止する。
しかし、ここに問題があると指摘する人間がいます。このセーフワードは通常のプレイで女優(モデル)が普通に発する悲鳴や叫び声とそれほど違いはなく、判別するのが難しいということ。更にはこのグラフィックセクシャルホラーでもある「水に沈めるシーン」これは所謂水責めであるが、女優(モデル)がプールに水中下に頭から逆さに沈められたときセーフワードなど聞こえるはずがないし、それはまったくもって意味を成すものではない。確かにそうである。

彼には彼のやり方と拘りがある。真のSMマニアに完全にフォーカスした動画コンテンツ創り。

しかし、その後のIntersecのコンテンツは当時と過激具合はほとんど変わりません。体に傷や痣、暴力的な行為。もちろんそれは撮影前に出演女優との同意の元に撮影されているのは言うまでもないが、しかしこの同意という部分に曖昧さがあることが問題なのかもしれません。これがノーマルなアダルトビデオであれば、極めて単純なことです。「顔だしでインターネット上で公開する」このこと、更には他の細かな部分の同意であろうかと思います、この誓約書にサインする。それで男優との単純な性行為で撮影は終了するので、そこに致命的なトラブルが起こる可能性は極めて少ないわけである。 しかし、これが危険なプレイが過剰に伴うSM動画撮影となれば話はかなり複雑になる。女優本人しても想像できないようなハードプレイは実際に自分がそのプレイを受けてみなければどこまで耐えうることができるのか、それを事前に自身で把握することは困難かもしれないし、体に残った傷跡を気にするのであれば、それがどくらい経過すれば傷跡が消えるのかは分からない。
しかし、そこにはそれらの危険性や撮影リスクを感じていながらも、それを表現・描写するということに確たる信念を貫きとおす男がいます、それはブレント・スコットです。彼は自身の会社が運営する複数のサイトの中で自らも動画に出演しプレイを行っています。彼の女優に対するプレイは本当に手加減なしで強烈である。危険や事故などをまったく顧みないで過激プレイ撮影を強行する彼のやり方は、彼のBDSMプレイへの強い拘りの証拠でもある。彼は中途半端な表現が嫌いな人間だと思う、ただ単に金儲けだけを考えているウェブマスターなら、例えそれが自分の拘りにそぐわない中途半端なものであっても、売れればそれでいいであろう、しかしブレントの頭の中には完全にない、彼はお金よりも自身がもっている狂気とも言える変態ハードSMプレイを忠実に再現させているだけなのだ。

このブレント・スコット氏は自らも動画に出演しています。 このIntersec社が創り出す動画は、” 限界ギリギリ極限 ” まで女を追いこんだ動画が非常に多い。もちろんそれらの動画すべてにブレント氏が出演しているわけではないが、よりハードなものとなるとブレント氏がプレイに携わっているケースはかなりあります。女を人間扱いしない家畜同然は当たりまえ、水に沈めるのは当たり前、時には蝋燭の火を体に当てたり、高温の焼却炉で熱した鉄棒を女の体にギリギリまで近づけたり、更に過激になると火炙りというものまである。 傍から見たら異常で狂気な行動ともとれるこれらのプレイは、彼がコンテンツを制作するにあたってなくてはならないものだろうと、そう感筆者は感じます。

彼は昔、画家に憧れもっていました。自分の想像・想いを思い切りキャンパスに描く絵画。これが自分の書きたいこと、描きたいことができなければ、それは自分が理想としいた絵とは、ほど遠いものになるはず。SMポルノ動画の世界でもこれは、彼にとっては同じ論理で成り立つに違いありません。

危険を伴っても、過激SMプレイ動画を作り続けるブレント氏。そして7つのサイトは最高のマニアックSM動画を用意しています。

HARDTIED

黒人緊縛調教師 ジャックハマーを中心に
壮絶な緊縛地獄SMプレイが繰り広げられる。

500タイトル超の動画コンテンツ。

とことんまで追いつめる・・世界最高のハード緊縛
がここにあります。
>>更に詳しい内容はこちらからご覧ください

INFERNAL REATRAINTS

超鬼畜残酷SMプレイ..マニアにしか分からない世界。
拷問に耐えて苦しみもがく女(奴隷)の姿をぞんぶんに鑑賞する。
490タイトル超の動画コンテンツ。

人格無視・精神破壊・家畜以下同然の扱い、地獄プレイ。
>>更に詳しい内容はこちらからご覧ください

RealTimeBondage

狂気の火炙り責め、地面に女を埋める、爪の間に針を刺す..
生死限界ギリギリまでの極限プレイ。
370タイトル超の動画コンテンツ。

問答無用の屈辱プレイ、極悪非道一直線。
>>更に詳しい内容はこちらからご覧ください

Sexually Broken

豪快拘束ファック、身動きできない女を犯りまくる。
710タイトル超の動画コンテンツ。

口・局部・アナル、3つのすべての穴という穴を征服する快感。
>>更に詳しい内容はこちらからご覧ください