Kink.comネットワークチャンネル一番の低身長ロリ娘
レミー・ラクロワの緊縛・拘束犯られまくり動画。

Princess Donna’s Birthday Bash Part 1!!!!!

配信日:2012年3月3
出演:(レミー・ラクロワ)、James Deen(ジェームス・ディーン)

im-2016-12-9-22
5年前のレミー・ラクロワ

1.まだ穢れのないような少女のようなロリ体系、小振りで形のいい乳房と、低身長ながらアメリカ人らしい大きなヒップ。顔はロリなのにこのアンバランスがとてもいい。見ているだけで興奮するレミー嬢。
im-2016-12-9-23

動画の冒頭は、この動画の数人の出演者達へ、Kinkの女王様「プリンセス・ドナ」が、これから始まる緊縛SMパーティについて語りかけているシーンからのスタートです。おそらく、このパーティについての説明や意気込みなどを話しているのだと思います。Remy LaCroix(レミーラクロワ)は、サンフランシスコ生まれのポルノ女優。スタイルも良し、小柄でロリ系です。胸を豊胸手術している、巨乳のポルノ女優が多いKink.comの作品なかで、このRemy LaCroix(レミーラクロワ)のおっぱいは元の自然のままです。 体つきもロリ体系で、こんな娘がこれからハードな緊縛や拷問プレイを受けるのかと思うと、ちょっとドキドキしてきます。豪華な大広間には、数えきれないほどの大勢のギャラリーが待ち受けていました、紳士風の男性・中年女性・気品のある 30代女性など…。

2.プリンセスドナへの誕生日プレゼントは、箱に入った極上の餌食。
im-2016-12-9-24
この動画は覆面姿の男3名、女3名でのプレイが中心だ。プリンセスドナの誕生日にとっておきのプレゼント… それは大きなプレゼント箱の中から出てき「緊縛されたレミー・ラクロワちゃん・・」口にはボールギャグ、後ろ手にロープで拘束された ” 愛くるしい小娘 ”レミーちゃん。。このプレゼント…. いや、というよりは本パーティのメインディッシュ(餌食)です。やはりルックスのいいレミーは、緊縛された姿もとてもセクシーです。緊縛された姿の、縄の間から覗く乳はとても色っぽいですし、決して大きくなくむしろ貧乳ですが、レミーちゃんのおっぱいは、今までに縛られたことのないような、初々しい感じさえします。穢れのない少女のお乳。後ろ手にロープで縛れた状態でのバックショットアングル、局部とアナルが見えます、お尻の形がとてもいい…体つきだけ見て興奮するモデルはなかなかいません(個人的には)でもこのレミーラクロワは違います、体だけを見ていても興奮します。女王様役のプリンセスドナは、自身の誕生日とゆうこともあってか、今日は少々厚化粧です。この日は彼女の誕生日です。「今日は、私にハードなSM乱交プレイをたっぷりと見せておくれ!」と言わんばかりの口調で男女達に命令しています。
3人の女優を一列に並べてバックスタイルでSEX, レミーラクロワもバックから生でチンポを挿入されガンガン後ろから突かれています…可愛いだけに、なぜか嫉妬心まで感じます、我ながら珍しいです、この際、他の2名の女優はどうでもいい…そんな気さえします。

 

im-2016-12-9-25 im-2016-12-9-26

 

3.レミー・ラクロワ嬢の、極上の桃色のお尻に、突き刺さるドス黒い肉棒。これはたまらなく興奮。

im-2016-12-9-27

シーン変わって、いよいよこの動画の見所になります。男女3列に並んで背面騎上位、レミーラクロワの背面騎上位のアップ画面です、もうたまりません・・・ 形のいい小振りのお尻に、男優の黒い肉棒がズボズボと突き刺さっていくところが丸見えです(結合部が丸見え)色気のある最高のお尻に、ドス黒く長いペニスが、ほどよく濡れてきっているラクロワのおまんこ、ニュルニュルと出し入れを繰り返す光景はこの場面でも抜けるほどです。いやいや、まだあせってはいけませんね….この作品は53分41秒あります。まだ動画の中間をやや過ぎたあたりです、もっとこの動画を楽しみましょう..と、思いきや今度はラクロワの局部を後ろからドアップです、アナル・局部がまたまた丸見えです、もうますますたまりません・・この動画のカメラワークはとてもよく、撮影しているカメラマンはユーザーの気持ちが分かっているようです。そして四つん這いなっているラクロワのアナルへ、男優が生で挿入、アナルファックシーンです、豪快なアナルシーンです。真上からのアングル、アナルにチンポが出し入れされている光景がよく見える。そして結合部もよく見えます。(筆者個人的には、アナルSEXに限らず結合部の真上アングルが大好きなんです)

im-2016-12-9-28

さていよいよこの動画も終盤に差し掛かっています、ここからが一番の見所です。この雁字搦めの状態(もはや自由が利くのは両腕だけ)の状態でプレイの準備に入ります、まずはプリンセスドナが自らラクロワの局部を舐め、 おまんこを潤します、そこへ男優が生挿入、ラクロワの口のには別の男優のチンポが…椅子に拘束され、ほとんど身動きの取れないレミー嬢は、悩ましい眼差しで、また悩ましげな喘ぎ声を上げます。男優が入れ代わり立ち代わり、次々とレミーちゃんの ” やらしいおまんこ ”の中に生挿入していきます。ますます絶叫していくレミーちゃん… このシーンでの生挿入はアナル挿入もあります。拘束されたラクロワは生ファックされながら 同時に電摩で責められていきます。映像では、少しずつレミーちゃんの目が虚ろになっていくのが分かります。

2人目、3人目と男優は容赦しません、どんどん挿入していきます….
ここでこのシリーズパート1は終了です。抜くシーンを待っていたら終わったというわけです。この動画はパート2まであります、パート1を見たらパート2を見ずにはいられません、あなたもきっと同じはずです。小柄でロリ風の美少女、レミー・ラクロワ嬢が、淫らに犯られていくこの傑作動画。見逃そうものならあなたはきっと後悔します。

この動画はKINK.COMネットワークのチャンネルてご覧にになれす。

 

コメントを残す