Submissive Asian Anal Slut
配信サイト:KINK.COMネットワーク
出演:Aiden Starr アイデン・スター、Marica Hase 長谷真理香
収録時間:57分07秒
動画配信日:2014年5月20日
主なプレイワード:フィストファック・極太ディルド・アナル責め

日本を離れ、渡米してから結構な時が経過している長谷真理香だが.. 


今現在の彼女の活躍ぶりを見ても、海外進出において成功しているということはほぼ間違いない。
アメリカやヨーロッパのポルノ業界は彼女を温かく受け入れているように見えます。
黒人ポルノ男優の ” コーラ瓶 ” くらいある物凄い巨根をなんなく股間で受け止め、ノーマルなハードコアポルノはもちろん、SMポルノにもどんどん出演し、あらゆるジャンルで活躍する彼女の積極的な姿勢は大したものであります。
日本とアメリカのポルノ業界事情はもちろん違います。 なら、それがどう違うのかと言えばキリがありません。 無論、無修正が「違法とか合法」とか、そんな当たり前の事はさて置いておいての話です。

例えば、日本のAV業界においては、AV女優としてデビューしてからある程度の人気が出ると、その後は「内容をどんどんハードな内容」にしていかないと、AV女優としての人気を保つのは難しいと言われています。 そんな” 日本のAV業界 ”  それに対しアメリカはどんな感じなのかと考えると、流石に筆者でもその辺ことは詳しくは分かりません。

 

筆者から見て、日本で活動しているときの真理香はただの馬鹿キャラにしか見えませんでした。

渡米直後から、ある程度のSM動画には出演していた彼女ですが、彼女自身が海外のポルノ業界に進出し、自分がどこまでハードプレイをやれるのかと・・
真理香自身がそれらを、どのように考えていたのか?
それはとても興味深いものがあります。

確かに、日本のAV業界にいるときも、真理香は「スカトロプレイ」はやっていたし、公衆便所の水はゴクゴク飲んでいたし、便器も舐めまくっていましたし、その他にも理解不能なマニアック動画にも出演していました。 つまり日本国内のAV業界で活動しているときも、彼女はそれなりにハード路線・マニアック路線は辿っていたわけです。 
しかし渡米後はこれらが完全にリセットされ、「日本からやってきたポルノ女優」として ” 0 ゼロ ” からのスタートを切ることになったはず。 でも彼女は、日本国内のAV業界同様、アメリカやヨーロッパでの活動も  ” ハード路線の道筋 ” を辿ることは覚悟していたのかもしれません。
でも..もしかしたらです。 性格上”脳天気”そうな真理香は、そんなことはなんにも考えてはいなかったのかもしれませんし、ポルノ動画のプレイ内容に関しては「自分なりの限界/リミット」を明確にもっていたのかもしれません。

 

以外にも真理香の局部やアナルは伸縮力をもっていた、アイデン・スターの拳が突き刺さる。


日本とは違い、下品で極端な内容(スカトロSMや咀嚼)など。基本的にそのようなAVは数少ない..というかほとんど存在しないアメリカのポルノ業界では『フィストファック』などのプレイは、結構ハードプレイの頂点なのかもしれません。

それはSM、BDSMという分野に関していうと『針貫通や炎プレイ』などです。 でもおそらく真理香はそこまではやらないでしょう。第一、真理香はM女ではありません、SM気質など根本的に備わっていない女性です。

今回ご紹介するこの動画『Submissive Asian Anal Slut』「アナルプレイ」中心の内容ですが、そんな真理香は、ものの見事に「フィストファックとアナルフィストファック」をやり熟しています。 もちろん ” 突っこむほうではなく、突っこまれるほうです ”  このフィストファックというプレイ・・アメリカではポルノ女優であればやって当たり前というプレイではありません。 おまんこやアナルに「拳を突き刺す」というプレイは、見て分かるとおり強烈なものであり、そう容易く出来るものではないはずです。 日本のAV女優にもフィストファックが得意な女優はいますが、そうそう頻繁に見かけるものでもありません。第一拳が簡単におまんこに入る女なんて『私のおまんこはガボガボですよ♡..』って言ってるようなものであります。 

まぁ.. そう一概に言いきれるものではないが、筆者はそのように感じます。
一体何が言いたいかって…??

それは長谷真理香の凄さです。 しかし、凄いといっても、それは「ケツの穴とおまんこの穴」.. その両方の穴を使いフィストファックをやり熟した真理香が、凄いと言う意味ではありません。

真理香自身が、このような内容の動画撮影に挑んだのか?… その経緯などは、もちろん知りませんが、それはもし・・真理香自身がポルノ女優として海外(アメリカ)で成功しようと、何らかの決意と覚悟を選んで撮影に挑んでいるとしたら… です。 もしそうなら、そんな真理香の心意気が凄い..という意味です。

もしかしたら、真理香自身は「フィストファック」などの下劣なプレイに抵抗があったのかもしれません、それもケツ穴も使ってです。

動画はスタートし、プレイルームが映し出されますが、このルームにはこれから真理香を攻撃するための各種アイテムがキャスターの上に置かれています。真理香は階段の下に蹲り、不安げな表情をして四つん這いになっています。口にはボールギャクが装着されています。不安気な表情から虚ろな表情に変わったとき、アイデンはゆっくりと二階から階段を下りてきます。アイデンは蹲っている真理香の首輪を引っ張り、マットの周りを一周します。 ボールギャグを外された真理香は口の中に溜まっていた唾を一瞬吐き出そうとしますが、アイデンは「吐くな、飲みなさい」と真理香に命じます。

お尻に食いこみ突き刺さったアナルハンガー。アイデンはまず真理香のパンツを挟みで切り裂き、下半身を裸にします、そして手マン。 そしてアイデンは両指を使い丹念に真理香のおまんことアナルを弄ります。アイデンはこんな小娘の扱いに手慣れているように見えます。 予め真理香のアナルに挿入されていたアナルハンガーを抜き出し、尻(アナル)を何回も強く叩きます。 この時点で既に真理香の股間(おまんこ・アナル)は全開丸見えです。 でも、真理香..アメリカで少し日焼けしたのか、肌の色が浅黒いように見れ、まんこもなんか浅黒いです。

次にアイデンは、真理香のおまんこへこの「極太ディルド」を挿入しようとします、前からのほうが入れ易いと考えたのか、真理香の体勢を変え、前からディルドを挿入していきます。ゆっくりと入れようとするアイデンですが、最初は中々入っていきません。あるいは焦らしているのかもしれません。
完全にディルドの先端部分が挿入されたとき真理香は悶えの声をあげます。
電摩とディルドで同時責めされたとき、真理香のおまんこからは白い液体が滲み出てきます、それは透明感がほとんどなく、ドロっとした白い液体です。

次にアイデンは、真理香をマットの上にうつ伏せにし、衣服を手で引きちぎります、ビリビリと..
仰向けになり、胸が露わになった真理香の両乳を、まるで男性のようにアイデンはしゃぶりまくります。

そして次は黒い太いディルドが真理香のアナルへ挿入されます。

しかし、この黒いディルド、アイデンは何度も挿入を試みますが、中々奥まで入ってはいきません。先端の一部分はなんとか入るのですが、それより奥まではどうやら挿入できないようです。しかし、アイデンは何度も何度もディルドの先端を真理香のアナルの入り口付近に「入れては出し」を繰り返し、そのおかげで真理香のアナルは若干緩くなってきたようです。


 
アイデンはディルドを一旦下に置き、両手を使い真理香のアナルをグイっと広げます。思いのほか広がるようです。ここで真理香のアナルの奥がある程度見えてきます。

そしてここからフィストファックがはじまります。


アイデンはディルドのときとは違い、慣れた手つきで真理香のアナルをマッサージしながら指先を窄めて挿入していきます。そして完全ではないかもしれませんが、アイデンの拳はそのほとんどが真理香のアナルの中に突っこまれました。真理香はこのとき、普段あげないような悩ましい悶え声をあげています。 拳を抜いた後の真理香のアナルもアップで映し出されます。 それはどこか様々な極太アイテムとアイデンの拳の挿入で悲鳴をあげている肛門のようにも見えます。

でも、まだまだ終わりません。今度は真理香のアナルへ、これまた極太ディルドの挿入開始です。これはズボズボと激しく入れられていきます。バックスタイルで挿入されたそのディルドを抜いた後、アイデンは真理香にそれを舐めさせます、ペロペロと舐める真理香。

体勢を変え、今度は前から挿入です。挿入とは言っても今度は『ディルドと拳』2つ同時挿入です。真理香はもうヒィーヒィー言っています。やはりベテランの年増ポルノ女優は慣れとテクニックがあるので、上手に真理香を誘導しているように見えます。

そしてここでシーン切り替わります
もう動画終盤ですが、まだプレイは残っています。真理香は今度ベットにロープで繋がれた状態ですが、ここでもアナル責め(挿入)プレイがあります、ほんとこの動画は「アナル、アナル、アナル」の連続プレイが見れます。 いくつかの極太アイテムを挿入した後、アイデンはぺニバンを装着して真理香のアナルを責めます。 ここでも完全に奥深くまでは入っていないように見えます。おそらく真理香ではなく他の外人ポルノ女優であれば、もっと奥深く入っていたのでしょう。やはり日本人真理香のおまんこではこのプレイは少しばかりキツイのかもしれません。


この動画は約1時間近くあります。画質も超鮮明画質で楽しむことができます。何と言っても、長谷真理香の『フィストファックシーン』また長谷真理香の『肛門開き』、そして「おまんこ」はもう言うまでもなく存分に味わえます。彼女のファンであるなら絶対に見るべき価値ある一品であることは間違いないです。

 

Submissive Asian Anal Slut
サンプル動画をご覧ください

膨大なSM動画はもうすぐ、そこです。
それでは、この『KINK.COMネットワークチャンネル』というサイトが、果たしてどのようなものなのか? 管理人が詳しく解説しましたので、以下リンクからKink.comの概要をご覧ください。

この動画を配信している..
>>KINK.COMネットワークチャンネルの概要を詳しく見て見る。

米国(サンフランシスコ&ラスベガス)から最高のSMエンターテイメントを
毎日更新!

配信動画数、1万2千超。
SM & フェティッシュな動画がダウンロードし放題。

日本国内から僅か2分の手続きで「入会完了」
すぐにその場で好きなだけダウンロードすることができます。

コメントを残す