PublicdisgraceはSMプレイ+野外露出・公開屈辱プレイのサイト。

PUBLICDISGRACE

pb-500

大勢の群集の前で晒し者になり鬼畜に限りを尽される。信じられないような光景で繰り広げられる壮絶ファックシーンは海外SMならではのものです

カテゴリ/ 公開屈辱拷問
プレイワード/ 公共SEX、ボールギャグ、生ファック、アナルSEX、拘束・束縛、緊縛、イラマチオ、ペニスバンド、局部責め、アナル責め、唾吐き

野外露出・首輪・奴隷・メス犬・縛り・拘束。海外屈辱SMサイトの決定版

首輪をつけて女を町中 引きずりまわす
通行人の晒し者
みんなが見ている前で公然猥褻ファック!
多彩なシチュエーション
独自性ある内容でまず見飽きることはない

あなたは要チェック必須。
PUBLIC DISGRACE (公開屈辱)とゆうサイト名からも分かるとおり、主に野外露出的な公共の場でのあまりにも大胆なFUCK,SMプレイが繰り広げられています。・・・  その内容たるやかなり凄いことになっています。数十人もの人通りがある大通りで全裸で、しかも後ろ手には手錠、首には首輪をされ歩かされたり、レンタルビデオショップ・コンビニエンスストア・ガソリンスタンドなどあり得ない場所でのファックシーンが見れます。  日本のアダルト動画でもこのたぐいの動画は多数ありますが、それらとはちょっと比べ物にならないですね。リアル差が違います。
日本のアダルトビデオでは、それらは明らかにヤラセがバリバリに分かっていしまいますが、流石にアメリカンポルノとなると、それがヤラセ(仕込み)か、あるいは本当にやっているのか・・・なんだか判断がつきません。
大勢のギャラリー(群衆)の中には、仕込み半分、本当の一般通行人半分くらいの割合ではないかと思っています。

PublicdisgraceはSexandsubmissionとはちょっと一味違った楽しみ方ができるサイトでもあります。コンセプトがまるっきり違いますからね….

大勢の男たちに囲まれ、罵声を浴びせかけられ、唾を顔面に吐きかけられ、鞭でお尻を叩かれ、頭からお酒やジュースをぶっかけられまさに屈辱の限りです。このサイトの特徴は基本的に出演する女性に対し大勢の男達が出てることです。いや男女と言ったほうがでしょう。ひとりの女性の対し複数の男女が責めまくるわけです。アナルファックなんて当たり前です、拘束されたままの女の口・おまんこ・アナルにちんぽを3本同時に突っ込むシーンが多数あります。
そして関心する事に撮影している場所もこれだけの数の動画があるわりにそのほとんどが場所が違うのです、ひとつの動画を制作する為に相当費用をかけているのでしょう・・・
それにしてもアメリカ カリフォルニア州の法律ってどうなっているんでしょうね。無修正を罰する法律こそ無いものの、こうような公然猥褻に関する法律は・・・なんでそんな事を思うかって  ? このサイトの動画を見てみれば分かります。公共の場で鬼畜・屈辱プレイを興味深げに取り囲み見ているギャラリーを見ると、とてもヤラセに見えないからです。

このようにこのサイトも結構独創性の高いサイトで、Kinkの他のネットワークサイト動画を散々見た後でも新鮮味があり、充分楽しめるサイトです。

サイト概要
動画配信数  420タイトル
KINK.COMネットワーク総動画配信数  10,000タイトル以上(このぷPublicdisgraceへ入会すると1万タイトル以上の動画がすべてご覧になれます。
会員料金  月額$49.99(USD)