マゾ淫語5 自ら淫語を発して調教を求めるドMエロ長舌女

木島すみれ(本人ですが動画内の画像ではありません)

配信サイト:DUGA デュガ
出演:木島すみれ
監督 :Buddha D
メーカー :クリスタル映像
レーベル :クリスタル映像
プレイワード:オナニー・指マン・手マン・フェラチオ・淫語・調教・辱め・緊縛・ディープキス・放尿・口内発射・電摩・アナルバイブ・アナルSEX

顔や口や体に小便をぶっかけられて喜ぶ女、「木島すみれ」は2時間挑発的な淫語を連発し続ける。

木島すみれ出演の「マゾ淫語5」 これは、マゾ淫語シリーズの5番目の作品。このシリーズは今まで12作発売されています。この「マゾ淫語5」内容は痴女ではありません、おねだり娘です。この動画に出演している「木島すみれちゃん」も動画内で、何回「お願いします」と「ありがとうございます」を連発したか分からない。もちろんこれだけの長い動画、そんなとこまでいちいち数えてはいないが、相当な回数この言葉を連発しているのは確かです。

世の中には、エロ動画に限らず、こんな「くだらないこと・単純なこと」こんなことをやっても、どうにもならないだろう、世間からはウケない(評価されない)であろうと思われる、一見薄っぺらいことでも、それが中途半端ではなく、極めて徹底的にやりこなし、そしてやり尽くせば、それが優れたものになるということがある。この作品にしても、内容のメインコンセプトは ” 淫語 ” である。淫語と言えば、基本的なその意味は「いやらしい言葉・性的興奮を誘う言葉」であるが、前述したようにこの作品でいうところの淫語は、すみれちゃんが ” おねだり ” をしてくる淫語である。

木島すみれ(本人ですが動画内の画像ではありません)

-この再生時間が長い動画、男優は一言も話しません-
この動画は再生時間が140分20秒あります、つまり約2時間20分、映画であれば、かなり尺の長い映画に匹敵する長さです。しかしこれだけの長時間、内容はカメラに向かっての「すみれちゃん」が淫語を只管喋る場面で埋め尽くされています、因みに男優はまったく喋りません(一言も)この動画には約3.4人の男優が登場していますが、誰ひとりとして言葉を発するものはいません。延々、延々、すみれちゃんの淫語を聞かされる内容です。しかし、だからと言ってこの作品が「つまらなそう」と考えるのは明らかに早合点です。 筆者は「しょうもないようなことでも、” 完璧に徹底的にやり尽くせば、優れたものになることが往々にしてある」と書きました。正にそれがこの作品です。

木島すみれ(本人ですが動画内の画像ではありません)


よくもまあ、この「すみれちゃん」ここまで真剣に気合いを入れて、この長時間、撮影カメラに向かって卑猥な言葉を連発できるもんだと・・筆者は動画を見ながらそう思いました。次から次へと卑猥な言葉が詰まることなく、連発できる「すみれちゃん」は、それが事前に台詞が用意されていたとしても、中々のもんです。
(しかし、映像を見る限りでは、すみれちゃんが放つ淫語は、決して棒読みではなく、自然に出てきた言葉に聞こえます)この動画を見ていると、この「木島すみれ」という女は、普段私生活ではどんな話し方をして、どんな性格なのだろうという興味が非常に沸いてきます。
つまり、2時間以上もの間、映像の中でどんなに顔や姿を露出していても、その本性がいまいち掴めない。完全に変態M女に成りきっている彼女は、変態M女という顔自体は画面で見せてはいても、本当の素顔を画面で晒すことは決してありません。

キレのあるシャープな顔立ち、やらしい乳、やらしくもスタイルのいい体。ちょっとひっくり返したら、” ホコリが沢山出てきそうなドスケベ変態M女「木島すみれちゃん」は、見れば見るほど興味深い女です。

木島すみれ、彼女の顔を見て当たり、彼女の"好き物"な感じの淫語喋りで当たり。

動画の具体的な内容:

ワンルームマンションの一室のような場所、「木島すみれちゃん」は、ベットの横で正座をし、両足をモジモジ…両手を股に挟み、モジモジしています。男優はベットに寝そべっているが無言だ。すみれちゃんは、薄い水色のブラウスにスカート、そして黒のハイソックス。

木島すみれ(本人ですが動画内の画像ではありません)

「おまんこぐちょぐちょになっちゃって。・・・おチンチンしゃぶらせてもらえないですか..? もうちょっとしゃぶらせてもらえないですか?乳首がビンビンになってます」
「おまんこぬるぬるになってます、早くおちんぽ欲しいです」

この作品は2014年発売の動画ですが、この頃の「木島すみれちゃん」は、個人的好みですが、相当可愛いです。貴方がこのすみれちゃんのようなシャープな顔立ちが好きではないのなら、話が別だが、そうでもないのなら、この顔(体つきも含めて)は、普通に見て可愛いでしょう。

「マン汁の音聞こえますか?」

ベットに寝ている男優はなにも喋りません、すみれちゃんは、ベットに寝そべっている男優にお尻を向ける、肛門のアップです。ケツを向けて挑発するすみれちゃん・・男優は無言でそのすみれちゃんの尻に手を伸ばす…(と、思いきや、それは手ではなく足でした)その両足で、すみれちゃんの肛門に触り、両足で肛門広げます。そして足の親指で、すみれちゃんの「おまんこ」を弄りまわします。

木島すみれ(本人ですが動画内の画像ではありません)

「ありがとうございます」
「クリトリスを、もっとグリグリしてください…」

すみれは、足の指で「おまんこ」をグリグリ弄られ、悶えまくります。
—–
この動画は、” 薄消し ” とまでは、いかないかもしれないが、モザイクが案外薄いので非常にいいです。
—-
物言わぬ男優に対して、只管淫語を連発しているすみれちゃんは、今度は正面を向いて、おまんこを弄りはじめます、両足で「おまんこ」を弄りまわされているすみれちゃん。

「あぁ.. 気持ちいいです… ありがとうございま..ㇲ…」
すみれちゃんの悶えようは半端ではない。
「もっとクリトリス…掻きまわしてください」

木島すみれ(本人ですが動画内の画像ではありません)

「おちんぽしゃぶりたくなってきました… おちんぽしゃぶってもいいですか?」
「舐めてもよろしいんですか?」
すみれちゃんは、そう言って、男優の足に頬ずりをし、足を舐める、見るからにゴツい男優の足。
足指を、一本々丹念に舐めるすみれちゃん。そして、男優の片足を抱えあげ、足裏までベロベロ舐める。すみれちゃんの可愛い顔と、男優の汚い足のコントラストがいいです・・
足指を舐めながら股間を擦るすみれちゃん。
「はやくおちんぽぶちこんでほしいです」
「おちんぽ、ぶちこんでください」
盛んにまんこを弄っているすみれちゃん、撮影カメラに向かって ” マンずり ” コキまくりの彼女は..
「早くおちんぽいただけないですか」

これを聞いた男優は、無言でバイブを床に置きます…
「おちんぽありがとうございます..」
そう、これはバイブだが、すみれちゃんにとっては、これはバイブではなく「おチンポ」らしい。

そして、すみれちゃんは、バイブ舐めまくります (バイブは、クリア色の薄い紫色です)
カメラに向かってバイブ舐め(アップ) 次に、すみれちゃんは、自分でおまんこの中にバイブ挿入します。

木島すみれ(本人ですが動画内の画像ではありません)

「ああ 気持ちいい… ぐちゃぐちゃ音がしています」

ここで男優が無言で、バイブにスィッチを入れる、ブィーン、ブィーンと鈍い音を立てるバイブ。づみれちゃんは、大股開きで「バイブオナニー」してくれます。

ところで、ノーマルなAVで、普通のAV嬢がアホなオナニーをしている光景よりも、このときの「すみれちゃんのバイブオナニー」のシーンのほうが、よっぽど興奮します。

何かに洗脳されたかのように、おねだりしてくる異様な淫乱M女「木島すみれ」

##ここでシーン切り替わり:約29分経過##

ここまでで約30分経過しているが「自作自演」で、ここまで””カメラに向かって挑発しまくる ”” 彼女「すみれちゃん」は凄いです。彼女の顔は本気度満点です、このとき彼女が演技をしているのか、あるいは、本当にこのような変態女なのか、そこまで筆者には分からないが、ここまで動画を見て、この作品はなにか他とは一味違う・・そんな感じがしたのです。

木島すみれ(本人ですが動画内の画像ではありません)

ここでのシーンは、寝室(和室)です。男優が寝ている薄暗い部屋、男優はレスラーの覆面を被っています。
「チンポ欲しいです。お願いします」すみれちゃんは、そう言って男優の乳首を舐める。
「もう片方の乳首も舐めてもいいですか・・」すみれのパンツがチラリと見えました。
(ほんと、すみれちゃんは、只管ひとりで喋りまくりです)
「キスしてもいいですか?」
男優の舌に吸いつく(アップ)濃厚ディープキス・・
彼女は上着を捲り「おっぱい触ってください。、おっぱい触っていただけないですか・・?」
「乳首がこんなにビンビンになっています」
彼女は、男優の股間に胸を押しつけます。
「おねがいします我慢できない」
彼女は、そう言って、男優の顔にお尻を押しつける。(でもこのときはパンツ履いています、体勢は69の体勢)腰を振る彼女。
「もっとびちょびちょに舐めてください」
「加えてもいいですか」
69の体勢でフェラ開始
「あぁぁ~…ちんぽおいしい….!」
「おちんぽ硬くて美味しいです」
「おちんぽおまんこに入れてもいいですか…?」
「入れさせてもらいます・・・」
すみれちゃんは、スカートを脱ぎ、下半身は裸(上着とブラはそのまま)騎乗位でゆっくりと挿入。

木島すみれ(本人ですが動画内の画像ではありません)

「あぁぁあ~ おちんぽ奥まで入っちゃいました・・・‼‼‼」
カメラはベストアングルで捉えます。腰を廻し、グラインドさせる彼女。次に、体勢を変え「背面騎乗位」に。「ちんぽ激しく突いてもらってもいいですか‼‼‼???」
男優は、そう言われるとバックに体勢をかえます、カメラは横アングルで捉えます。彼女は、自分で腰を振りまくります。
「あぁ!!!! おまんこ、気持ちいい‼‼‼‼‼‼」
次は、正常位の体勢で・・男優はまったく動きません。彼女は、両手で自分の両足を抱え上げ、股を大きく開き「お願い、お願い・・‼‼‼」男優は、ここでやっと腰を振りはじめます。
強く・激しく腰を振り、彼女の股間を突きまくる男優。
「お腹の奥まで突いてださい!!、おねがい!!!…あぁぁ…」
ここで、やっと男優の息づかいが聞こえてきます。フィニッシュは「中出し」
中出しのおまんこのアップがあります(ここはさすがにモザイクが若干濃くなります)
深い溜息をつく、すみれちゃんの顔がアップになります。

ここから彼女「木島すみれ」の変態M女という化けの皮が剥がされていく。

木島すみれ(本人ですが動画内の画像ではありません)

##シーン切り替わり:約53分経過##
薄暗い部屋、彼女はアイマスク着用、そして体は裸で緊縛状態、男優は彼女口の中へ指を入れる。。
すみれちゃんは、それに反応し、長いベロを出す、そうそう言い忘れたが、彼女(すみれちゃん)はベロ(舌)がとても長いのが特徴です、確かに長いです。撮影カメラは、そのすみれちゃんの「長い舌」をアップで映します、男優はその舌を引っ張り、しつこく彼女の口の中に指を入れます。
このとき筆者は、彼女の「緊縛姿」を見て思いましたが、彼女は、若干おっぱいが垂れ気味に見えます。(顔はこんなに可愛いのに..残念)
男優は、乳首摘まみはじめます・・
「何??・・・挟んでるんですか??」
両乳首摘まむ男優・・そして、おっぱいを強く鷲掴み、ムギューと強く鷲掴み、(やはり、おっぱい垂れてるな)次に、舌に木製クリップ挟みます。
「何ですかこれ… なに??」
クリップには紐は繋がっています。乳首には、山形クリップ、これは両乳首に挟まれます、これも紐に繋がっています、男優はこれも引っ張る。

山形クリップ

この時のクリップはこんな感じのクリップです
※まったく同じではありません
すみれちゃんの口から涎が、ダラリと落ちてきます。そして、両乳首引っ張ります、強く引っ張ったものだから、乳首のクリップは外れます、これはかなり痛そうだ。

今度男優は、すみれちゃんの体中にペンでなにか書きはじめます。最初は、太ももに「性欲処理女」次は腹に「変態」首下には「M」左乳には「メス豚」
そして、彼女をソファに伏せさせ、お尻を撫でる。。そして尻に赤いペンで、「ケツの穴」
「またなにかしてるんですか?」
肛門には、 ” 菊の花 ” のような模様を肛門の周りに円を描くように書く。
左ケツには「マゾ」右ケツには「ドM」の文字。
「またお尻になにかしてる….」
右太ももには「ビッチ」
左太ももには「チンポ大好き」左腕には「ダッチワイフ」右乳には「サセコ」
更に、おまんこの周りには、赤のペンでぐるぐる円を書いて塗りつぶし、おまんこそのものは、赤色のペンで塗りつぶします。元々おまんこというものは、赤に近い色をしているが、このときの「木島すみれちゃん」のその「おまんこ」は赤のペンで真っ赤かだ・・・
カメラにケツを向けているが、すみれちゃんのケツの周りと、太ももから脹脛付近は、落書きでいっぱいです。そして、そのまま電摩責め、乳首電摩責め 「乳首感じちゃいます。ありがとうございます・・おっぱい気持ちいいです」(でも、やっぱり乳垂れてるな)
息づかいが激しいすみれちゃん、電摩の鈍い音が部屋中に鳴り響きます。
ここで、男優がひとり加わり計三人になる。乳首とマンコ電摩責め、そしてクリ責め攻撃。

次に、ソファで電摩責め (このときのすみれちゃんは、本気の感じようだ)

ここで見どころ:
牛乳浣腸が登場してきます、極太浣腸です、この時点でもう、すみれちゃんの、ケツのマジックは滲んで、薄くなっています。彼女のアナル(肛門)にブスーと注入していきます。立て続けに二本目も。
これには、たまらず体がのけ反る彼女。そして「アナルハンガー登場」 これをアナルに挿入開始。
「ああ=---------!!!!!!!!!」
さすがに、直腸にある牛乳で、既にパンパンな下腹に、このアナルハンガー挿入には耐えきれない様子。
「あああーーーーうううーーーーーーーーー!!!!!」

木島すみれ(本人ですが動画内の画像ではありません)

ここで追い打ちをかけるように電摩で刺激。ここでの叫び声は大きいです。まるで、トイレで便秘を踏ん張っているようだ。そんな声です。そして、遂に噴射「ブブーーー」音がします。彼女は勢いよくケツの穴から豪快に牛乳噴射。「ブシャーーーーーー!!!!!」だ。
次に水??のような透明の液体浣腸、これを彼女は踏ん張っている間は、電摩責めです。
そして更に、牛乳浣腸三本目、この辺では、さすがに彼女は悶えるだけが精一杯で、あまり喋りません。男優は、彼女のまんこに、指を突っこむ、肛門のアップがあります、その肛門から、中に残ったの牛乳を搾りだします。

今度は、彼女の体を起こし、アイマスクを外す、眩しいのか、彼女は、中々目を開けません。
そしてフェラチオ。顔射、彼女の顔のアップ、男優は自分で ” シコって ” 彼女の口へ発射、それをすみれちゃんは、口を大きく開けて受け止めます。すみれちゃんの口の大アップが・・・彼女の口の中は精液でいっぱいです。更に別の男優が、彼女のおでこに発射、顔はもう精液だらけ、ドロドロです。
筆者はここで彼女の顔を見て思いましたが彼女は「メス豚」いうより「メス犬」・・それも”””メス子犬””” といった表現のほうがあっているような気がします。

遂に本性を現した、「木島すみれ」が本当に変態女だと確信する場面。

##シーン切り替わり:約1時間45分経過##
すみれちゃんは、洋式トイレでオナニー中です(キャミソールを着ています)おまんこのアップ。
「おまんこぐちょぐちょになっています」相変らずしっかりとカメラ目線です。
「ぐちゅぐちゅいっています」
「ごめんなさいふしだらな女で」
「いっぱいおまんこもっとみてください」
「あぁーーーちんぽ舐めたい」「私のいけないおまんこも、もっと見てください・・・!」
「聞こえますか?私のマン汁の音・・・」
「淫乱おまんこに、おしっこぶっかけてください!!」
男優が、彼女の胸に放尿します(小便で透けるキャミソール)
「ああ おっおぱいにも、いっぱいかけてください!!」
「ああ・・ 嬉しい!!・・・ 凄い、いっぱいかかってる・・」
「お口にも・・ お口にもください!」 男優は口へ放尿します。彼女は、キャミを捲り、おっぱいにも小便がかけられます。
「気持ちいい・・・凄い・・・!!」
「まんこにもかけて!!--」そして、おまんこに放尿します。
すみれちゃんは、大量の小便をかけられながら、オナニーします、かなりの変態女だ。
べしょべしょのおまんこ

見れば見るほど、知りたくなるこの女「木島すみれ」の本当の顔。

##シーン切り替わり:約1時間53分経過##
すみれちゃんは、赤いボディストッキング着用(このボディストッキングはケツの部分が丸く穴が開いています)男優はベットで胡坐をかき、煙草吹かしている)彼女は、自分で肛門を広げて見せます。
「ケツの穴にいれてください」
彼女の肛門に、タバコの煙を吹きかける男優・・
「もう我慢できません 早く突っこんでいただけないですか?」
すみれちゃんは、アナルに指を入れ準備をしています。
「肛門がヌルヌルしています」
男優は、彼女の尻を数回強く叩きます。
「ごめんなさい・・・我慢できなくて」
「お願いしますケツの穴にちんぽ突っこんでください」
「もっと奥まで突っこんでほしいです 指だけじゃ物足りなくて おねがいします」
男優は、アナルバイブを、彼女の元へ投げる。「ありがとうございます・・ コレ… コレ…突っこんでいいんですか…?」
彼女は、自分でアナルにアナルバイブを突っこみはじめます。男優はアナルバイブにスィッチを入れる
「ブーン、ブーン」バイブの音が鳴り響きます。それを無言で見ている男優。彼女は男優にアナルバイブを渡し、男優にアナルを責めてもらいます。(アナルバイブ挿入アップ画面)
彼女は男優のチンポを見ると「舐めてもいいですか?」このとき、はじめて男優に向かってしゃべるすみれちゃん」チンポの裏筋を舐めあげる、「金玉舐めてもいいですか?」カメラは横アングルです。
「チンポギンギンになってます」
男優は片足をあげ、舐めやすいようにしてあげます。69の体勢にて、彼女は、自分で男優のチンポをアナルに指で入れる(背面騎乗位)
「ケツの穴の奥まではいってます・・!!!!ケツの穴の奥にあたってますぅぅ!!!!」
下から彼女の股間を突きまくる男優、そして体位を変え騎乗位→正常位→まんぐり返しと続きます。
彼女のおっぱいにしゃぶりつく男優、そして腰を激しく振りまくります。バックアナル挿入です。フィニッシュは、ケツの上に発射。

この動画はマニアック&SM動画が満載のDUGA デュガでご覧になれます
>>マニアック動画が満載DUGA デュガの詳しい解説はこちら

マゾ淫語5 自ら淫語を発して調教を求めるドMエロ長舌女
サンプル動画をご覧ください

コメントを残す