[有料SM]極悪残虐鬼畜系『シャドウスレイブス』の解説

0
1571

家畜以下の女達は奴隷になる決意を固めた、正に影の女” シャドウスレイブス ”

管理人:蘭丸

Intersec(InSex)グループのサイトの内容も結構過激ですが、このShadowSlaves シャドウスレイブスは更にもっと過激なサイトです。姉妹サイトに「PainFiles ペインファイル」がありますが、この両者はもう.. どちらも同じように過激で。どっちがどうとかそういう問題ではありません。

海外の有料SM動画サイトの中で、最もハードな部類に入るサイトの中のひとつ..それがこの「シャドウスレイブと言っていいです。筆者はかなり昔から世界中の有料SMサイトを見てきましたが、ここまで過激なサイトはあえて言うのであれば「QueenSnake クィーンスネーク」くらいです。但し、クィーンスネークの場合は奴隷とパートナー(拷問あるいは調教する側)がどちらも女性ですし、内容やプレイ展開もちょっと独特で個性があります。
なので、男女ふたりが出演しているSM動画として考えるならばこの「シャドウスレイブス」と「ペインファイル」が最も過激なのではないでしょうか..

このシャドウスレイブスは、筆者がもう十年以上も前から知っているSMサイトです。

とりあえずこのサイトは、アクセスするとその雰囲気が怪しさ満点です。何からなにまで怪しさ満点です。 でも、SMサイトですから怪しさがあるのはごく当たり前のことですが、このサイト「シャドウスレイブス」と「ペインファイル」に関しては特に怪しいです。

有料ポルノサイトに入会経験があまりない方であれば、この独特の怪しさのせいで入会に躊躇してしまうのではないでしょうか?(笑) 
このサイトの制作会社の本拠地はデンマークにあります。つまりサイトのコンテンツ(動画や画像)はデンマークで制作されています。サイトの立ち上げ自体は2003年です。
こんな怪しいSMサイトでも、サイトが開設されてから実に14年もの歳月が流れているのです。

つまりこのサイト「シャドウスレイブス」は、有料SM動画サイトの老舗と言ってもいいサイトです。
しかし、これだけの長い間サイト運営を続けていながらも「サイトデザイン・インターフェイス・レイアウト」は未だにとてもお粗末なもので、筆者がこのサイトを知った約10年くらい前から、ほとんどサイトリニューアルはされていません。というかまったく変化していないと言ってもいいくらいです。

でもこのサイト..サイトデザインが十年間もの間リニューアルされないにも関わらず ” アップデート ” は確実に定期的に行われています。 つまり、サイト自体は一見とても怪しそうですが、実はまともにしっかりと運営されているサイトなのです。

いまいち使いずらいナビゲーション、サイトのどこをクリックしても「JOIN 入会ページ」が表示されその動画タイトルの詳細さえ中々掴めないサイトですが、運営自体は安定的に継続し続けています。

 

女(奴隷)の唸り声、叫び声、それを聞いたら本気度が分かる。

とにかく奴隷女が本物M女集団です。

Kink.comに出演している多くのポルノ女優は、SM専門のポルノ女優もいますが、他のノーマルポルノ業界で大活躍している女優も多数います。In sexにしても一部の女優はそうですが、大半が割とSMをメインに出演しているモデル達です。

しかしこの「シャドウスレイブス」に出演しているモデル達は、この業界で比較的知名度の薄い、つまりあまり有名ではないモデル達で構成されています。しかも彼女達はほとんどが ” 真正M女 ” です。

それは一見しただけで分かるでしょう。彼女らは正しく変態女です。中には豚便器のような女もいますが、彼女らは超変態的M気質なので、動画の内容、また調教する相手の男性パートナーも、ほんと手加減なし状態です。

だからシャドウスレイブスの動画コンテンツは、真正SM好き・SM狂の方が見るべきような動画ばかりです。あなたがそれに該当するなら、かなり筆者お勧めします。これだけ過激な内容で動画コンテンツがしっかりと揃い充実しているSMサイトは他にはないですから・・

さぁ あなたは口を開いている場合ではない。こんなマイナーでマニアックな超変態SM動画サイトを紹介しているサイトなんて当サイトぐらいしかありません。あなたがこのサイトへ入会するにしても、またしないにしても、このままここを離れた場合。もう二度とこの『シャドウスレイブス』のサイトは見ることがないかもしれません。その理由は他のサイトで紹介しているところがほとんどないからです。

当ウェブサイト『I LOVE MISTRESS』自体、他に類の見ない貴重なSMサイトです。あなたがこのサイトの内容を表面上だけでも確認せずに、ここを離れる理由はありません。

SMプレイの限界に挑戦する、針貫通・全身蝋燭責め・ハードスパンキング!狂気の沙汰とも言えるエクストリーム サディスティックプレイ ShadowSlaves.

Painfilesが開設されたのが2012年、その約1年後にこのShadowSlavesが作られました。元になっているのがこのPainfilesと考えてもらってもいいです。
針貫通・蝋燭責めなど、そんなものは当たり前… 痛みが伴う過激な拷問プレイだけでなくこのシャドウスレイブスは屈辱的プレイも得意です。無理やりドッグフードを食わしたり、パスタやピザをぐしゃぐしゃにして頭からぶっかけたり、顔中に塗りたくたっりします。
それらは基本的なSM道具に頼らず、ありとあらゆる道具や方法を使い女(奴隷)に「屈辱的・凌辱的」プレイを味あわせていきます。 
それはサンプル動画を見てもらえば分かります。目を覆いたくなような筋金入りの超ハード拷問SMプレイが満載です。日本とは違い、海外でここまでエグいプレイをするSM動画サイトは確かにあるにはありますが、思っているほどあまりないのも事実です。

シャドウスレイブスに出演している外人女達はほとんどが ” メス豚M女 ” です。

出演女優(モデル)の質・レベルが他のSMサイトと劣ると言ってしまってはそれまでかもしれませんが、通常のポルノとは違い出演モデルの容姿がどれだけコンテンツの魅力に影響するか・・それはあ個人々捉え方は違うでしょう。

確かにこのシャドウスレイブスは “ 超過激なSMプレイ “ で埋め尽くされてはいますが、登場するSM女優の質は決して高くはありません。むしろ腹の肉が弛んだような女優が多いかもしれません。
(この辺を気になさる方はご注意ください)
しかし、このシャドウスレイブスで行われているような「超スーパーハード級のSMプレイ」を体を張ってやりのける女優というのはあまりいませんし、そもそも美女というものはそこまで超ハードなSMプレイをやることはあまりありません。

日本ではあれば、そこそこの美人でも ” 針貫通や針縫合プレイ ” などをやってのける女優もいますが、海外となるとそんなにはいないのも事実です。そう考えると日本人のSMユーザーは恵まれているのかもしれませんね。

海外有料ポルノサイトの入会に慣れている方以外、おそらく大半の方は、この「ShadowSlaves シャドウスレイブス」のセキュリティ部分にご不安を感じるかと思います。 しかしそれは筆者が当サイト内の別ページでも解説しているとおり、海外有料ポルノサイト入会にあたって、セキュリティ面を判断するには、サイトの外観を見てもなにも判断できないことを知っておくべきです。それらに対する解説はこちらのページをご覧ください >> 海外有料SMアダルトポルノサイト入会に関して

これは落ち着いて考えてみれば分かることです、貴方が抱いているセキュリティ面の不安というものは、なにも裏付けがないことに気づくはずです。つまり、根本的に ” アダルトサイト ” であるということと、また「サイトの雰囲気が怪しい感じがする」ということだと思います。 しかし、考えてみてください、アダルトサイトが=怪しい=詐欺、という図式は明らかな根拠と裏付けがあるわけではありません。つまり、貴方は漠然と「アダルトポルノサイト」「見た目が怪しそうな、増してや海外のサイト」・・このようなあくまでも漠然とした理由で、入会に対するハードルを、自ら無意識に自分の中に作ってしまっているだけなのです。

私から貴方にひとつアドバイスがあります

海外有料ポルノ入会に関して、セキュリティ面が確かかどうか?それを見極めるのは、サイト表面の印象で判断してはいけません。貴方が一番重要視する部分、それは「どの企業の決済システムを利用しているか?」これです、簡単な話この部分が一番重要であり、サイトのセキュリティ面がどれだけしっかりしているかを判断する基準となります。詳しくはこちらをご覧ください >> 海外有料SMアダルトポルノサイト入会に関して

このサイト「ShadowSlaves シャドウスレイブス」にしても、採用している決済代行会社は「Epoch エポック」と「CCBill シーシービル」です、この両者は2社ともに、海外ポルノ業界では最も知名度の高い有名な企業です、海外の多くの優良ポルノサイトはこの2社の決済代行会社を利用しています。
筆者も、もちろんこの「ShadowSlaves シャドウスレイブス」には入会経験がありますが、トラブルにあったことなど一度もありません、ご安心してご利用ください。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください