鶴田かな

鶴田かな出演「パイパンアスリート 汚辱の特別強化奴隷」
配信サイト:DUGA デュガ
出演:鶴田かな
収録時間:130分18秒
レーベル:シネマジック
発売日:2016年7月7日
プレイワード:緊縛、浣腸、蝋燭責め

管理人:蘭丸

鶴田かな、カラダが柔軟な彼女は、大きく股を開いて股間を良く見せてくれる。
新体操が元々得意だというAV女優『鶴田かな』この動画は、そんな彼女の特技である新体操を動画のテーマに盛りこもうとしたのだろうか.. これはどこからどう考えててもそのはずです。そのアイデアはいいかもしれませんが、動画全編を通してみると、彼女の特技であり新体操は動画の内容にはほとんど生かされていません。まぁ、でもこんなもんでしょう..

動画は彼女がくるくるとリボンを回し新体操の演技をしているシーンからはじまります。
確かに、彼女の新体操演技を見てみるとその実力は確かなようで、なにしろ彼女は体がすごく柔らかい.. 胸は大きくて少し垂れ気味、むっちりとした肉づきのいい「太もも」 全体的に健康的でボリューム感のある彼女ですが、ウェストは締まっているし、ぼっちゃ系の割には足首もキュッと締まっていてとてもセクシーです。おまけに顔もロリ顔。容姿だけ考えるとAV女優にはぴったりの彼女です。

私は、鶴田かな嬢が「拘束されて体を舐められたり、チンポを突っこまれたり」する場面だけが興奮できました。

この動画では、彼女の新体操にすけべな要素が無理やりこじつけられ、それは基本的に拘束して強制フェラをさせたり、体を舐めまわしたり、浣腸したり..と、結局はよくあるソフトな拘束プレイで構成されています。 彼女の持ち味である新体操はストーリーには若干関連性がありますが、それは拘束プレイに直結するような関連ではありません。だから、あなたはこの動画をもし見ようと思ったのなら「新体操」というワードに拘りをもって見る必要もないし、それは度外視してもよい。

またそもそも、パッケージには「拷問」というワードが含まれていますが、内容は決して拷問ではありません、というかないはずです。それはプレイ内容が拷問に値しないという意味ではありません。
この作品内のストーリー構成を考えると、彼女は新体操で日本代表になることを目標としています。そのために彼女には特別なコーチが与えられ、猛特訓がはじまったのです。確かにその特訓内容はアレですが、彼女自身はこれが日本代表になるための特殊な特訓なんだと、半信半疑でありながらも自覚して特訓を自らうけています、だから実際動画を見て見ても、それは拷問というイメージはまったくありません。

それよりも、この動画の楽しみ方は、彼女(鶴田かな)の体である。体..とか簡単に言ってしまったら、SMでなくともいいような話になってしまうかもしれませんが、彼女は体つき(スタイル)がいいでの裸体を鑑賞しているだけでもある程度楽しめますが、この動画の途中々で出てくる拘束プレイのときの彼女の縄が食いこんだ体も中々いいものです。
豊満な胸、健康的な肌、そして大きなお尻.. 私が特に興奮したシーンは大学の理事長が「鶴田かな」を拘束してソファに寝かせ、体を舐めまわしているシーンです。理事長は彼女の爪先から脛、太ももまで舌を這わせて舐めまくります。そして彼女の「おまんこの匂い」と「肛門の匂い」を嗅ぐ..

この動画内でこの理事長は、新体操で日本代表を目指す鶴田かなに対して「金の心配はいらない・・」を連発していますが、結局のところ金の力で彼女の体をたっぷり楽しもうという魂胆です、それも拘束して.. でも、この動画。理事長が鶴田かなを弄んでいるときは、しっかりと浣腸もしていますし、鞭打ちもあり、また蝋燭責めもあります、そして動画終盤には飲尿プレイまであります。 そういった意味では案外みどころはあります。

そこまでハードなプレイは出てきませんが、日本の超ハードプレイSM動画を外して、標準的な観点で考えるのであればこの動画は、まずまずの部類に入るのではと思います。

日本のSM動画は、しょぼいものが他に沢山ありますから..

ストーリー設定がいまいちでも、彼女のカラダは充分武器になる。

この動画には拘束セックスのシーンが含まれています。それは正常位・バック、両方でもちろん鶴田かなは拘束されたままの状態です。そして動画の前半では剃毛シーンもあります。彼女は元々おまんこの毛が剛毛のようですが、動画の前半早い段階でおまんこの毛は剃られてしまうので、この約130分間という長い動画は、ほとんど彼女がツルツルパイパンの状態でストーリーが進んでいきます。

シネマジックの作品は、他のしょぼいレーベルとは違い、上っ面だけの作品はあまりありません。
この作品「パイパンスリート○○」もパッケージだけみると他のレーベルの作品と大差ないように見えるかもしれませんが、やはりシネマジックだけあってある程度の要点は押さえている作品です。

新体操で日本代表になるためにコーチから訓練をうけているはずが、なぜか縄で縛られてエロいことばかりされてしまうという典型的な「こじつけAV」ですが、彼女のファンであればもちろん、そうでない方も彼女の肉体には興味を抱くかもしれません。彼女の体の肉は、決して私鉄沿線の場末のスーパーで売っているような肉ではありません、青山の高級スーパー紀伊国屋インターナショナルで売られている上質な肉..といった感じです。
新体操で鍛えあげられた柔軟で贅肉のない若々しいカラダ、そしてそのカラダをつかいSMプレイを熟す彼女の姿はSM動画の亡者でない限り、結構楽しめる内容です。

鶴田かな出演「パイパンアスリート 汚辱の特別強化奴隷」
サンプル動画をごらんください

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here