母は私を連れて3年前に、今の父と再婚した。
生前の母の願いで、私は義理父の " 性奴隷 " に...

2017-1-4-2『義父に捧げられた身代わり奴隷』 拷問義娘 樹花凜
配信サイト:DUGA(デュガ)
出演:樹 花凛(いつき かりん)
監督:魁
レーベル:グローバルメディアエンターテイメント
収録時間:112分26秒

この画像は本人ですが、動画内のキャプチャ画像ではありません
この画像は本人ですが、動画内のキャプチャ画像ではありません

この動画は、義理の娘を演じる
「樹 花凛:いつき かりん」、その義理の父(トシヒコ)

そして、急な心臓発作3年前に亡くなった母(映像内では名前は出てきません)しかし、その義理の父と母の間には、花凛が知らなかったある秘密があった・・ というお話。

 ” 女性を支配して、奴隷のように扱わないと気が済まないという性質をもつトシヒコ」とそれに服従した母。 母はこのトシヒコと再婚してからの3年間、性奴隷として扱われてきたが、娘(花凛)には、そのことを花凛には、ひた隠しにしていた。”

本当の事を花凛に告げることができないでいた母は、その想いを日々、日記として残していた。

突然亡くなった、妻の悲しみで途方に暮れる義理の父(トシヒコ) そんな義理の父の姿に心配する花凛だが..

ある日、花凛は部屋を整理中に、亡くなった母の遺品を見つける、その遺品の中には、母が生前書いた日記があったが・・・
花凛 「人生の最後に幸せだったと、女性として充実していたと、そう思って母の遺品を手に取って見ていました」

花凛はその母の日記を読みはじめる。

亡くった母の日記から:

・・・・・・ 今日の花凛は、とっても明るかった、来月から3人で暮らすようになったら、花凛の笑顔が、もっともっと見れると思う・・・ でも花凛は知らないのです、今日一日、私の服の下が、どんなになっていたか..それから
「私とトシヒコさんが裏で交わした約束の事も…」

母 「花凛ちゃん、ごめんなさいね、お母さんはもう、お母さんの顔をしているのことが辛いの・・・

あなたが目の前にいることを忘れて、奴隷の顔になってしまいそうになるの.. 私を許してね。。

お母さんとして日記は、今日で最後にします。。 近いうちにお母さんは、お父さんの性奴隷であることをあなたに話すでしょう… そして、私のすべてを、たったひとりの大切な娘であるあなたも含めて、お父さんに捧げたことを話ます、どうか私の生き方を分かってください」

 

具体的な動画の内容:

画像は本人ですが動画内のキャプチャ画像ではありません
画像は本人ですが動画内のキャプチャ画像ではありません

母の遺品(日記)を手に取って読んでいた、花凛の姿を見つけたトシヒコは、花凛に問いただす。
「いくら家族だからといって、夫婦の寝室を探ったり、勝手に日記を読んだりするのは..よくないな..」

花凛 「ご.. ごめんなさい..」

しかし、花凛は母の日記に書かれていたことが、どうしても気がかりだった。

花凛 「お父さん、あの・・・ お母さんとお父さんの約束ってなんですか …」
トシヒコ 「知りたいか…? ついてきなさい…」
別の部屋に花凛を連れていったトシヒコは、無理やり花凛を押し倒し、縄で縛る。
トシヒコ 「お前が知りたかったことを教えてやる..」

1.ここで最初の「緊縛シーン」がはじまります (この時点で約9分経過)
2017-1-4-7

花凛を無理やり縛った状態で、トシヒコは花凛に母の日記を読ませる。
「お前はお母さんの日記は読みたいんだったな・・待ってなさい、持ってきてやる…」

母の日記から:
9月10日、今日から3人に生活が始まった、結婚式旅行はしない代わりに、夜中に蔵で、トシヒコさんとふたりっきりの誓いの儀式をしました…トシヒコさんの縄をおうけして、永遠の服従として、隷属を誓いました。

このシーンでの花凛は、両手を後ろ手に縛れた状態で、真上から吊られた状態です(着物の下半身部分は完全に捲りあげられ、下半身が露わになった状態です。(余談ですが、花凛ちゃんの ” 張りのあるお尻から太ももにかけての曲線(下半身ライン)はいつ見てもエロく興奮します)

このシーンでは、鞭打ちが行われます(鞭はバラ鞭です)それなりに力強く叩いています、実際花凛のお尻は、ほんのりと鞭で打たれた痕(赤み)が、薄っすらですが見てとれます。
そして、水がいっぱい入った桶に、花凛の髪の毛を鷲掴みにし、顔を無理やり押しこみます。

次に、服を脱ぎ全裸になったトシヒコは、縛られたままの花凛に強制的に自分の一物を咥えさせます。
そのまま、バックの体制で、花凛の白い桃尻を抱え、挿入。 腰を振りまくります。このとき射精はしますが、花凛のお尻めがけて発射します、でも、精液は結構勢いよく出てきます。
2017-1-4-9

ここでシーン切り替わり:

花凛がひとり入浴中のシーンが現れます。桶で泡だらけの体を流す映像。
この動画の設定(家)は、かなり古い家の設定です、ですのでこのときのお風呂場も、かなり昔の家のお風呂場といった感じ。
このシーンは入浴シーンはかなり短いですが、撮影カメラは、花凛ちゃんの体を舐めるように捕えてくれるので、ファンの方には嬉しいシーンとも言えます。

ここへトシヒコが現れ、「全部読んだのか?母さんの日記…」そして花凛にタオルを渡す。

トシヒコ 「ついてきなさい..」

トシヒコ 「日記を読んで覚悟はできたのか…」 「母さんと同じように、私の奴隷になる覚悟が…」

花凛 「お父さん・・・ どうしても 奴隷じゃなきゃ駄目なんですか.. ?… お父さんの娘じゃ駄目なんですか..? 今までと同じように、可愛がってもらえないん..ですか..」

トシヒコ 「あ ぁ 駄目だ … 私には奴隷が必要なんだ、そういう男だ …」

それを聞き、泣きじゃくる花凛..

トシヒコ 「お前がどうしても嫌だと言うんなら、他の女を捜す、但し、お母さんの形見がすべて置いていくんだ…日記も洋服も..何もかも…」

更に泣きじゃくる花凛・・・

トシヒコ 「この家にいたいんならこれが最後のチャンスだ」

花凛 「奴隷になんか、なれません..」
トシヒコ 「それは私が決める事だよ…黙っていうとおりにしていなさい…」

樹 花凛の悩ましい裸体に食いこむ縄

ここから2回目の緊縛シーンがはじまります(この時点で約57分経過)
2017-1-4-8

このときの花凛ちゃんは、首には縄、体も縄で、後ろ手で緊縛された状態です。
このシーンでのプレイは緊縛された状態での強制イラマチオだけです、一応口内発射はしていますが、出そうになったときに、チンポを抜き、花凛ちゃんに口を開かせ、その中に「精液を垂らす」というものです。

シーン切り替わり、夕飯の食材の買いものから帰ってきた花凛、買い物バックからはネギが出ています。
トシヒコ  「早く飯に支度をしなさい」

花凛はピンクの上着、白のブラウス、ミニスカート(生足です)
トシヒコはおもむろに花凛のスカートを捲りあげると、花凛のパンツの横からは「遠隔操作で動作するバイブが突っこまれています」

トシヒコ 「ここで脱ぎなさい..」

服を脱いだ花凛の姿は、「おまんこにバイブが突っこまれているだけでなく、縄が縛られていました」
この姿を台所に向かう花凛の生尻を鞭で投打するトシヒコ…
2017-1-4-10

更にここでシーン切り替わります:

三回目の緊縛シーン

2017-1-4-11
花凛は片足立ち(右足を縛り吊られた状態)です、ですが、ここですぐに緊縛スタイルは切り替わり、両足を折り曲げた状態(宙に浮いた状態)で、完全に吊られた状態になります。 しかし、このシーンでは鞭打ちなどのプレイはありません。
トシヒコは椅子に座り、花凛は床に膝摩づいた状態で、トシヒコは花凛に「奴隷の誓いを諭します」
そして自分の足を花凛に舐めさせる。

小汚い男優の足指と、足指を舐める、綺麗な花凛ちゃんの顔が妙なコントラストを生んでいます。

シーン切り替わり、花凛は緊縛され、三角木馬。
胸に食いこんだ縄と、股間に突き刺さる、三角木馬の鋭角な”角” この辺りを撮影カメラはアップで映します。
その花凛の姿を舐めまわすように眺めるトシヒコ。
両膝を地面について、蝋燭が二本立てられた拘束具に首と両手首を拘束された花凛ちゃん。
トシヒコは、花凛ちゃんの両膝の上に、コンクリートブロックが置かれる、ひとつ・ふたつと・・・

コンクリートブロックの重みに耐えきれず苦痛の表情と声をあげる花凛ちゃん。
トシヒコは花凛の乳首を背後から掴み・抓る、そして更に膝の上に置かれた二つのコンクリートブロックの上に、トシヒコは片足を乗せ、圧力かける。 更に苦痛の声をあげる花凛。

最後の見どころ、緊縛蝋燭垂らし、樹 花凛に体に蝋燭が垂らされる..

ここから最後の見どころシーンがはじまります(この時点で約1時間半経過、動画もそろそろ終盤です)

全裸で仰向けの花凛ちゃんを撮影カメラは、「顔・胸・下半身」と映し出します。
そして、次に赤いシートの上で、花凛ちゃんは後ろ手に緊縛されています。その花凛の体にトシヒコは、「蝋」を垂らしはじめま(でも、肝心のこの蝋燭垂らしシーンはあまり長くはありません)
そして強制フェラ、おまんこ舐めと続きます。 トシヒコは緊縛された花凛ちゃんを蝋燭を垂らしながらバックで挿入します。そして「測位→正常位」と続きます。そして ” 中出し ” (モザイク越しですが、男優がゆっくりとチンポを引き抜いた後、花凛ちゃんの「おまんこ」から、ドロリと精液が流れ落ちる光景を確認できます)

ここで動画終了。

このように、この動画は完全に「ドラマ仕立て」であり、内容的には「SMハードユーザー」の方には向きません。
この動画は完全に「SMビギナー向け」の動画です。言うなれば、「樹 花凛」ちゃんのファンであれば、そこそこ楽しめるかもしれませんが、そこまで濃い内容ではないかと思います。 ですがDUGAでレンタルであれば僅か300円で鑑賞できるので、その安価な値段を考えるならば、ある意味内容は備わっているとも言えるのではないでしょうか。

「義父に捧げられた身代わり奴隷」 拷問義娘 樹花凜
サンプル動画をご覧ください

コメントを残す