器具拷問虐待映像の前半、正に彼女達は ” 被害者 ” だ、
ペンチで捻じられる乳首、ライターの火で燃やされる陰毛。

殴る!蹴る!器具拷問虐待 被害者6名
配信サイト:DUGA デュガ
メーカー:ティーズ
レーベル:ティーズ
出演女優:不明(6人)
動画配信日:2014年5月25日
収録時間:150分09秒

日本のSM AV業界は狂っている、ハード拷問虐待プレイに耐える娘達。

 私はそう思う。このようなウェブサイトを運営しておきながら、こんな事を言うのは可笑しいかもしれないが、日本のAV業界..それもSM動画は特に異常だ。
私はSM動画は好きだが、それでいて案外女性には優しいほうです。一般の普通の男性よりも優しいのかもしれません..

 女性の乳首をペンチで挟み、ネジクリ回したり、引っ張ったり、そうかと思うと陰毛にライターで火をつけたり.. そんな暴力的なことを女性にする野郎はいっそのこと刑務所にでもブッこんでやれ!
本当にそう思います。SM動画でなく、実際にそのような事件が起きたなら..の話。
しかし、これはAV制作会社がAV女優の出演承諾の元に撮影された『アダルトSM動画』です。

この動画では6人の若い女の子(娘)が、男達に徹底的に暴力を振るわれます。

” 乳首ペンチはさみ、陰毛ライター燃やし ” 
-通報厳禁-というキャッチコピーは、まんざら大袈裟でもないかもしれません。

DUGAの動画『殴る!蹴る!器具拷問虐待 被害者6名』2017年9月9日、22:50分 見てみました。

 アウトギリギリまで ” 暴力虐待動画 ” を制作しているAV会社は、我々の欲求にどこまでも答えてくれるようです。

 出演モデル身体への影響を、ある程度考慮しながらSM動画撮影をしている海外SMに対し、日本のSM動画制作会社は、ほとんど頭がイカレテいるとしか言いようがない。 日本のAV業界、中でも圧倒的暴力コンテンツを得意とする「AVレーベル」は、売り上げを上げる為には手段を選ばない..  もはやこう言っても過言ではないのではないか。

 我が国日本においても、AVに出演する女優と制作会社側とのトラブルは最近多発しているように見える。 ヤフーなどの大手ニュースサイトにおいても、そんな報道を見ることが多々あります。 あれやこれやと美味しい条件を餌に強制的にAVに出演させたり、事前の契約内容と大きく違った内容の撮影を強要したり.. そんな「女優と制作会社側とのトラブル・問題」は取り合げられまた問題視されているのも事実です。

 限界ギリギリまでの暴力的な動画、日本のAV業界は本当に何でもありの業界であり、出演女優の身体への与える影響をほとんど無視しているような動画、そんな「ハード暴力動画」は多数日本のAV業界には存在しています。

 またこれらの『ハード暴力動画』は、一部の超マニアに絶対的に支持されている動画でもある。制作者側サイドにおいても、だからこそこのような暴力的動画を只管制作し続けているのあろうが..

 でも、何も筆者は今のこのような業界の風潮を「非難・否定」しているわけではありません。
体を張って、痛い思いをして、熱い思いをして..  彼女らが、何を思ってここまでハードな内容の動画に出演しているのか.. それはもちろんギャラと理由が一番であるのは当然であるが、とてもそれだけはかたずけられない疑問がそこに浮かびます。

 とか.. 他人がやることを考えたところでどうしようもないし、こんな暴挙とも言えるAV動画に出演をしてくれる彼女達がいるからこそ、私達「SMユーザー」は、とことんSM動画を楽しめたりするものです。

『金の為なら、多少の痛い思いは我慢する娘達』
これこそ、日本のAV産業(SM)が成長し続ける要因でもある。

殴る!蹴る!器具拷問虐待 被害者6名(前半)のレビュー。

ライターの火で、一瞬燃える陰毛。

 当ウェブサイトに訪れるユーザー様達の行動を分析してみると、多くの方は『火炙り』というワードに敏感に反応しているようだ。この動画も ” 火炙り ” などとそこまで大袈裟ではないが、陰毛をライターで燃やすシーンが沢山詰め込まれています。本当に陰毛にライターで火をつけています。もちろん火をつけるとは言ったって、それはメラメラと長い時間燃え上がるわけではありません。 ライターの火が一瞬引火した「おまんこの毛:陰毛」は、一度火がついた後、直ぐに鎮火します。

しかし、直ぐに鎮火したからといって、大したことはないということはありません。陰毛に近づけられた火.. 引火しなくともこの時点でもう結構熱いはずです。 この動画に出演する女達は皆、その熱さに耐えます。中には涙目で耐える娘もいます。映像を見ると、それはまんざら演技ではないことが分かります。 涙目もそうですが、同時に鼻から鼻汁をだらだらと垂らしています、口から涎をだらだらと垂らしています。 自ら出演を承諾した彼女達はなぜここまで熱い思いに耐えるのでしょうか…

顔面・腹パンチの連続、涙目で耐える娘達。

 この動画はタイトルが示すように、とにかくパンチの嵐が続きます。「顔面・腹・背中・尻・太もも・脹脛」娘達の体のあらゆるところを蹴り上げ、そして殴りつけます。
しかし、ちょっと待ってください。そうは言っても当然のことながら渾身の力を籠めて ” 思い切り殴ったり、蹴ったり ” しているわけではありません。 成人男性の力で本気でそこまでやったら、それこそ大変なことになります。無論、ある程度の手加減はしています。

 それを言葉で表現すると.. 例えば「腹パンチ」 それは一般の男性であれば『パンチされる瞬間、ある程度グッと自分の腹筋に力を入れなければ耐えきれない…」 そのくらいのパンチ力です。つまり、身構えせずに不意にパンチを腹に食らったら、それこそ苦しくてしょうがないくらいのパンチです。これはあくまでも成人男性であればという話なので、動画に出演している娘達のことを考えれば、結構なダメージがあるかと思います。

一人目の娘:顔は並み、見る人によっては可愛い、少し垂れ気味ではあるが男に好まれやすい乳。

 この動画は合計6人の娘達が登場するが、プレイ内容と流れは基本的に同じです。まずは一人目の娘、顔は別に可愛いわけではないが、好きな方は好きでしょう..きっと。おっぱいが案外いいのではないでしょうか。動画の流れは大雑把ではあるが、次のとおりです。

1.鋏で服を切り裂く
2.スパンキング
3.軽く乳パンチ
4.ビンタ
5.ケツパンチ
6.マウスワインダーを口に嵌める
7.舌ベロを器具で挟む
8.開口具を口に嵌める
9.ペンチで乳首をはさむ、そして抓りまくる
10.ペンチで舌挟む、そして引っ張る
11.瞼をペンチではさむ、そして引っ張る
12.腹パンチ(数回)
13.陰毛燃やし(数回)
14.ケツ蹴り
15.腹蹴り
16.ケツパンチ
17.顔面パンチ
18.腹パンチ (女マットに倒れる)
19.股間踏みつけ、顔面踏みつけ
20.娘、鼻血を出す
21.後ろ手に手枷をされた娘、蹴りの嵐
22.娘がマットに倒れた状態で「肩殴り、尻・背中蹴り」
23.腿パンチ
24.仰向けで腹パンチ
25.ビンタ(数回)
26.腹、足踏みつけ
27.顔面パンチ
28.娘、涙目

残虐且つ暴力行為プレイが好きな貴方が注目すべき点は『瞼ペンチ鋏、乳首鋏・抓り、陰毛燃やし』..この辺ではないでしょうか。 「瞼ペンチはさみ」はほんと見ていて痛々しいです、瞼なんて皮膚がとても薄い箇所を、ペンチで本当に挟んでいます。そして乳首抓り、これもただ単にペンチで挟むわけではありません、挟んだ後「グリッ」と捻じりまわしています。さすがに一回転とまではいかないですが、結構捻じっています。それは映像でしっかりと確認できます。 そして「陰毛燃やし」これは男が100円ライターを手に、本当に娘の陰毛に火をつけています

 6人もの「怖いもの知らず娘」が登場するこの動画、約2時間半くらいあるのでここで全てを語ることはできません。緊縛や拘束などのプレイはでてきませんが、こんな内容の暴力的プレイが好きな方は見て見る価値があるかと思います。今現在動画サイト『DUGA デュガ』ではレンタルであれば僅か「300円」で視聴できます。

殴る!蹴る!器具拷問虐待 被害者6名
サンプル動画をご覧ください

1気軽に・お手頃に・素早く・アダルト動画を楽しむ。
アダルト動画配信サービス ” DUGA(デュガ) “

DUGA デュガを楽しむならまずは『無料会員登録』
無料会員登録ですべてのサンプル動画が見放題に。

コメントを残す