保坂えり

保坂えりQUEENDOM クイーンダム:「保坂えり」がM男専用風俗店の風俗嬢を演じる。
顔面騎乗、放尿、足コキ..そして本番セックス。トロンとした眼差しのマシュマロFカップ「保坂えり」が、寸止め焦らし手コキプレイでM男を悩殺!
この動画の中では、実際の風俗店で風俗嬢がお客のチンポを手コキするときのように、四つん這いになったお客のチンポを後ろからシゴくシーンなどが収録されています。この作品は、自分がM男になり実際に風俗店に行ったような疑似感覚を得ることができる.. 虚ろな眼差しが印象的な巨乳AV女優「保坂えり嬢」..彼女のウリのひとつでもあり「大きなおっぱい」もいいですが、この作品では、収録時間106分46秒の中に彼女の「黒パンスト美脚、フェラチオ、パイズリ、アナル責め..他」など様々なプレイが濃縮されており、意外とお得な一品です。

管理人:蘭丸

若くて可愛い女の子に虐められたい..その相手が保坂えりだからこそ興奮できるM男動画。

最近の日本のアダルトビデオ業界において、SMのジャンルに限らずフェティッシュ系の動画は内容が薄っぺらくしょうもない動画が多いのは事実です。
そんなフェティッシュ系のジャンルの中で、SMプレイに微妙に含まれてはいるものの、別ジャンルとして分類されがちなものに「M男、女王様、痴女」などがあると思います。
それらの中で「M男」というジャンルは、あなたもご存知のとおりアダルトジャンルとしては定番のジャンルです。M男プレイというものは、その名の通り「女性に罵声を浴びせられたり、殴られたり蹴られたり」されることで、快感やエクスタシーを感じるという..ある意味特殊性癖をもつ人達のことです。この感覚はノーマルな男性からしてみれば、かなり理解不能な領域に入るものかもしれません。

筆者もM男というジャンルは、案外見逃しでありスルーし易いジャンルでもあります。
でも、このM男動画というもの、ちょっとたまにいつもの視点を変えてみて動画を鑑賞してみると、案外興奮できる動画があったりします(M男の方はもちろん、場合によってはM男でもなんでもない方でも)今回ご紹介するこの動画『巷で噂のM男専用風俗ビルに潜入。スケベ言葉でカチカチに勃起した僕のチ○ポを寸止め焦らしでイカせてくれるお姉様。本当にヤラせてくれる店はどこだ!!4 』も、パッケージだけ見ると典型的な日本の中途半端なAVに見えます.. でも内容はそこまでチンケではありません。私は脚フェチでもあるので、まずこのパッケージに映っている「保坂えり」の黒パンスト美脚に見惚れてしまいました。

写真はイメージです。

M男の気質がなくとも、一度目覚めれば病みつきになるケースも多いという「風俗店でのM男プレイ」
あなたも男性であれば一度や二度風俗店なるものに行ったことがあると思います。一度も行ったことがない男性などほぼ皆無に近いと思いますが、もしないのであれば一回行ってみたほうがいいです。中にはとびきり可愛い美少女風俗嬢に出会うこともあります(確率は低いかもしれませんが) M男プレイができる風俗店..お店の名称や売りこみ文句にこの「M男」というワードを大々的に取り入れている風俗店はあまりありません。
風俗店の中で、M男プレイに関連する性的サービスを行っている風俗店は「M性感、痴女性感、痴女クラブ」などのワードで店名や売り文句が構成されている場合が多いです。または「SMプレイ専門の風俗店」でもM男プレイが出来たりします。

プライベートセックスの場面においても、このM男プレイは中々実現できないのではないでしょうか..?あなたの恋人やパートナーがこんなある意味変態的なフェチプレイに理解があり、あなたの要望どおりそれをそれを再現してくれるのであれば別ですが、普通の女性であればこんなプレイはあまりしてくれるものではありません。
だからこそ、こんなMプレイ動画は作り物のエロ動画で擬似体験をして楽しむのが一般的なのかもしれません。
男は大概の方が要望の奥底にあると言われたりもする「レイプ・強姦願望」..M男プレイはなにも女性に男性がレイプされるとか、そんな類ではありませんが女性が男性から「めちゃくちゃにされたい」というあるように、男性の本能の中にももしかしたらそれと似たような願望があるのかもしれません。

黒パンスト、網タイツでジワジワ..ネットリとM男客を責める保坂えり嬢、彼女の脚と胸のチラリズムで興奮。

この動画では、M男専門風俗店で働く保坂えりが、3人の男性相手に個室でM男プレイサービスを行っているシーンで構成されています。まず最初に、ミニスカで黒のパンスト姿の「保坂えり」が登場。彼女は一人目のお客へ身体のマッサージを施術しはじめます。 仰向けになったお客の上に跨る彼女..元々美脚の彼女が黒いパンストを履くと、脚が締まって見えて余計美脚に見えます。こんな可愛い女の子「えり嬢」に黒パンスト姿で上に乗っかられたらすぐに勃起してしまいます。
彼女は巨乳女優としても有名ですが、体のバランスが全体的にちょっとムッチリしていてとても理想的な体系です。
彼女はお客の男性の乳首を時間をかけて舐めまわし、そしてキスをします。更にお客の男性の口の中に唾垂らし.. 次に顔面騎乗と移ります。 このシーンにしても、彼女のブラウスは胸元が大きくはだけて彼女の豊満なおっぱいがチラリと見えています。 彼女は男性客を「仰向け・四つん這い」両方の体勢からチンポをしごき、そして男性客の股間へ唾を吐きかけます。チンポを激しくシゴク手の動きといっしょに揺れる彼女の豊満な乳..
彼女はお客の特別サービスとして、寝ている男性客の口めがけて立った状態で小便を放ちます。(それも豪快に・・)男性客は終始ちょっと苦しそうな声をあげていますが、これは快楽の声です。

動画24分過ぎ:
シーン切り替わり二人目のM男客。
彼女(保坂えり)は、今度は黒っぽい網タイツミニスカ姿で登場。役柄の設定は気の弱い小心者のM男客という設定なのか、二人目の男性客はかなりオドオドしています。そんな男性客を気遣うかのように彼女はとても優しく接しています。この動画は、彼女(保坂えり)が優しく接客したり、急に冷たくなったりと..態度や表情が二転三転することでより責めるシーンを助長してくれています。
「優しい感じの保坂えり..」そんな彼女と、一方「ちょっと制圧的、けどでもそんな強気な態度の表情の保坂えりだからゾクゾクする..」彼女の二面性がとてもよく映像の中で描写されています。

時間をかけてAVを鑑賞しているとき、途中で勃起したチンポが萎えてしまうことがよくあると思います。その多くの原因は「動画内容の展開の乏しさ」です。
ここが上手く出来ていないアダルト動画は、途中でユーザーの心を逃してしまっていますね..
でも、この作品は淡泊な内容ながらもそんな率なくエロい展開で構成されており、途中で萎える可能性は低いかと思います(あなたが保坂えりのファンであれば尚更)

彼女は男性客の横に座りお色気をプンプンさせて囁きかける、まるでキャバ嬢がお客に接客しているかのようなシチュエーションです。
彼女は男性客の乳首を洋服の上から触り、そしてキスをし、口の中に唾を垂らします。
更に男性客のパンツを下し、センズリをさせます。それを悩まし気な表情でガン見する彼女。
(センズリをこいているところを女性に見られると興奮するという男性もいますね)
そして赤ちゃんプレイ(男性客は赤ちゃんのように、彼女のお乳を吸いまくります)
そして顔面騎乗→クンニ..と続きます。
こここまでのシーンで動画は約50分経過していますが、プレイ中の彼女は時折カメラ目線で話しかけてくれます。これはもうAVでは常識のようなものですが、大事なポイントのひとつです。

ボンデージ姿の保坂えり、彼女は可愛いコスチュームも、エキゾチックなコスチュームも..どちらでも似合ってしまう女優。

3人目のM男客:
彼女のコスチュームは徐々に女王様らしくなってきます。赤いボンデージジャケット、黒のブーツ、網目の大きい網タイツ。そんな如何にも女王様といった姿の彼女は、ここまでの内容とは一味違い少しづつ制圧な態度で男性客に接していきます。相変らず胸元は大きくはだけ、彼女の豊満な胸元が目立ちます。そしてここでも「唾たらし」彼女は終始カメラ目線でこちらへ話かけてきます。

私はここまで見て思ったのですが、やはり彼女の魅力というか、特徴は「トロ~ンとした虚ろな眼差し」ですね。この動画の役柄であえてこうしているのかと思いましたが、たぶん元々こうなのでしょう。彼女の他の写真や、動画を見てみても彼女は基本虚ろな眼差しのようです。
動画は「センズリ鑑賞→ゴム手袋アナル責め」と続きます。

保坂えりは男性客を逆さにし、その股(アナル)にディルドを挿入し刺激していきます。
男はなんとも情けないような喘ぎ声を発しますが、M男の男性からしてみれば、こんな声が自分の口から出るくらい可愛い女性に責めてもらいと思うのでしょう。

常に冷静沈着な表情でプレイを進行しいく保坂えり。彼女は、男性が直立不動のままゴム手袋した手で激しく「手コキ」するシーンがあります。男性客はチンポの先から激しく射精します。

生足ソックス、そして青色の制服。みどころはやはり「保坂えり」の唾たらし。

4人目の男性客:
彼女(保坂えり)は青色のセーラー服のようなコスチュームで登場します。
この動画はその客ごとに、保坂えりが様々なコスチュームで登場してきます。この辺もユーザーの心理をしっかりと捉えている点です。保坂えりの大ファンの方なら、彼女の色々なコスチューム姿が見れるので大変お得感があると思います。

4人目の男性客は、プレイ開始の時点から「赤ちゃんプレイがしたい」と彼女に言っています。
保坂えりはまるで赤ちゃんにお乳でもあげるかのように、仰向けになって寝ている男性客へおっぱいを吸わせます。そしてチンポを擦りながら乳首舐め。
そしてここでも男性客の口の中へ「唾たらし」.. ここで気づきましたが、この動画はすべての男性客のシーン必ず「唾たらしプレイ」があります。
次にここでも顔面騎乗。撮影カメラは保坂えりのムッチリとしたお尻と太ももをアップで捉えます。
この後「乳首舐め→フェラチオ」と続きます。

いきなり本番シーンを見せられるより、時間をかけてここまで来たらこそ興奮する。保坂えり嬢の本番セックス。

動画終了15分前:
ここでやっと本番セックスシーンがあります。最初は騎乗位から.. カメラ目線で激しく腰をふりまくる保坂えり。彼女はこの騎乗位セックスのシーンで最初はセーラー服を脱がずに着たままです(但しセラー服をたくし上げて、乳だけは露出しています)
途中でセーラー服は脱ぎます、全裸になります。ある程度騎乗位でのシーンがあり、次に体勢を変えて背面騎乗位の体勢になります。
M男の男性はいつの間にか腰使いがパワフルになり、途中で保坂えりはほとんど自分では腰を振らなくなります。そして最後は、男性客を立たして直立不動のまま手コキ。
保坂えりは、自分の唾をたっぷりM男のチンポにかけてシゴキまくります。

最後は胸射です。保坂えりのおっぱいには精液がベトリとかかります。

保坂えり「ドMのおじさん、どうだった..?もう終わっちゃったよ..」

M男客「すっごく最高だった.. また来るよ」

保坂エリ「ほんと、待ってるね..♡ じゃね..」

ここで動画は終了。

巷で噂のM男専用風俗ビルに潜入。

決して過激さはないが、保坂えり嬢の魅力が沢山詰まった作品。
プレイ内容にしても、フェラチオと本番はAVとしては今更ながらですが「唾たらし、M男へのアナル責め、黒パンストを着用しての足コキ、ゴム手袋を着用して手コキ」など、一つひとつのプレイ自体は、なんら目新しさはないのかもしれませんが、ひとつの作品の中にこれらがすべて入っているのがとても良い。

また、彼女のコスチュームに関してもこの作品では「OL風の白ブラウス、真っ赤なボンデージジャケット、青色のセーラー服..」とバラティに富んでいます。元々彼女は、AV女優としてもその役柄の幅は広く、女子校生から人妻役まで何でもこなせる万能型AV女優でもあります。
上記のような様々なコスプレで映像の中に出てきても、彼女の場合は違和感なく動画を見ることができる.. 私はそんな印象をうけました。

保坂えりのファンであれば当然ですが、彼女のことをまだ知らなかった方でも、この作品は結構おすすめです。この作品は現在DUGAで配信されています。日本最大のアダルトメディアDMMではなぜかないようです。印象が平凡なAVでも実際見てみると結構いいAVもあるものだ..そんな印象です。

サンプル動画をご覧ください

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください