Petite Asian Bondage Virgin, Gets a Dose of Suffering
配信サイト:KINK.COMネットワーク
チャンネル:DeviceBondage(デバイスボンデージ)
出演:アリナ・リー
収録時間:約44分15秒
動画配信日:2014年2月28日
プレイワード:ポニーギャク、乳首クリップ、手マン

管理人:蘭丸

異国の地で行われている鉄拘束プレイを楽しむという新感覚。
心地よいサウンド、そして如何にもこれから「鉄拘束プレイ 闇の世界」を映し出すかのような独特なオープニング映像。薄暗いプレイルームは煤けたような薄茶色いレンガ、壁には無造作にSM用具が飾られ、そして壁に飾られたいくつかの間接照明..

この記事を読んでいるあなたは「鉄拘束SMプレイ動画」たるものを今まで散々みてきた方だと思いますが、それはたぶん日本のSMアダルトビデオではないでしょうか?..
私はここ最近、SM動画の中でも特にこの「鉄拘束プレイ」というものに嵌っており、日本や海外の鉄拘束SM動画をほぼ毎日のように見ています。 日本国にはこの「鉄拘束SM動画」は本当に数多く存在しておりSMというジャンルが得意な各アダルトメーカーが、目まぐるしい勢いで常に新作アダルトビデオをリリースしてきています。 もちろん日本人である我々からしたら日本人AV女優が出演している「鉄拘束SM動画」は大変魅力的であり、見ていてとても充実な時間を過ごすことができます。

そしてあなたも知っているとは思いますが、鉄拘束SMプレイというものは、何も日本独自のSMプレイではありません。アジアでも、北米でも、そしてヨーロッパ地域でもこの「鉄拘束プレイ」というものは行われており、もはやSMプレイとしては定番的プレイといっていいでしょう。

ポルノの本場、アメリカの純粋なる鉄拘束プレイを楽しむ

右の脇腹に拳銃のタトゥー、それは自動拳銃「デザートイーグル」のように見えます。この作品に出演するポルノ女優は中国(上海生まれ)のアジア系アメリカ人「アリナ・リー嬢」です。 彼女はちっちゃい目がとても印象的で、顔は童顔です。 肌の色は少し浅黒い肌をしています。
動画の冒頭と、終了後のインタビューシーンを見ても、彼女はとても活発な性格で、おしゃべりな性格のように感じます。
日本国内のアダルトビデオでは、まだまだこの鉄拘束プレイ作品というものは数少なく、今現在市場で販売されている「鉄拘束SMプレイ」は人気作品のアイアンクリムゾンをはじめ、ほんの数えるほどしかないように見えます。 そしてそれらのアダルトビデオはレズSM系を除けば、ほとんどが本番セックスプレイが含まれています。

今回ご紹介する鉄拘束SM動画「Petite Asian Bondage Virgin, Gets a Dose of Suffering」は、アメリカの有料SM動画サイト『KINK.COMネットワーク』の作品で「DeviceBondage デバイスボンデ―ジ」というチャンネル内で配信されているものですが、日本の鉄拘束SM動画の内容とは少し異なり、配信されている作品そのほとんどが「本番セックスシーン」を含んではいません。

つまり、内容は純粋な鉄拘束SMプレイで構成されています。 一口に鉄拘束とはいってもこのデバイスボンデージ内で使用されている鉄拘束具は本当に多彩であって、様々な鉄拘束具を使った拘束SMプレイ動画を楽しむことができます。

この作品で鉄拘束プレイを体験するのがはじめてという彼女(アリナ・リー)、彼女はハードコアポルノ動画には数多くの出演歴がありますが、SM作品というものはほとんどありません。
この動画で使用されるアイテムは「口枷(ポニーギャグ)、乳首クリップ、電摩、アイマスク、局部責め用の棒」などです。

普段は屈強なアメリカ人ポルノ男優とのポルノ撮影で、逞しく太い男根を口で咥えたり、おまんこへ突っこまれたりしている彼女にとって、冷たい鉄の拘束具で身体を固定され、様々な痛みのプレイをうけるのは今まで感じたことのないエクスタシーを得ることができたのかもしれません。

味わい深い鉄の拘束具で、身動きを制限された彼女

映像は最初のインタビューが終わった後、3本の太い木製の支柱で身体を支えられた状態です。そして両腕と両足首は鉄具で拘束されています。調教師は先ず彼女の乳首を抓り、そして股間に手を伸ばします。そして、少し手マン。初の鉄拘束SM出演ということを事前に知らなければまったく気づかないと思いますが、それが分かっている状態で映像を見ると、彼女のこのときの表情はどこか不安毛であり「これから一体どんなプレイが私を待ちうけているんだ..」そんな表情に見えなくもないです。


調教師は彼女の両乳首に乳首クリップを挟んだ後、軽く引っ張りますが..彼女は笑っています。 少し手加減して引っ張っただけでなので擽ったいのか、とにかく彼女は少し笑っています。

次に調教師は、軽くバラ鞭で彼女の腹部辺りを叩いた後、激しく手マン攻撃をしていきます、激しく手マン攻撃をされて悶絶する彼女.. 追い打ちをかけるように電摩も併用して彼女の局部を盛んに責めていく調教師。

まぁ 日本の鉄拘束プレイでもこのようなプレイシーンはよくありますが、日本の鉄拘束プレイ動画に出てくる大半の鉄拘束具は「ピカピカで使用感のない、新品のような鉄拘束具」です。
この動画もそうですが、KINK.COMネットワーク(デバイスボンデージチャンネル)で配信されている動画内で使用されている鉄拘束具は、やさぐれた感じの使いこんだような ” 味のある鉄拘束具 ” です。
日本のソレとは根本的に違います。中世ヨーロッパの拷問具をリアルに再現したような鉄具を用いたSMプレイをたっぷりと楽しむことができるのです。

 

 

 

アジア系女性のおまんこは、やはりどこか違います。モロ見えのおまんこは只今責められ中。

動画中盤付近に差し掛かるとシーン切り替わります。今度彼女は床に仰向けの状態です。体を大の字にして床に拘束されている彼女。

動画約30分付近では、四つん這いの拘束体勢.. どちらのシーンでも、撮影カメラは盛んに責められまくる局部(おまんこ)をアップで映し出して、手マンや棒が突っこまれている映像を鮮明アップで存分に楽しむことができます。



私は日本の「鉄拘束SM動画」を見ていて、いつもジレンマに感じるものがあります。それは ” 肝心の女優のおまんこがモザイクで見えない ” というものです。 確かにそれは日本の法律なのでしょうがないですが「おまんこが見えるのと、見えない」のとではかなり見方が違ってきますし、興奮度も変わってきます。

でも、この動画はKINK.COMネットワークというアメリカのポルノなのでモザイクなどはありません。あなたは、普段モザイクが邪魔している、女優が「責められるおまんこ」を完全無修正で楽しむことができます。

この四つん這い体勢でのプレイのとき、彼女は極度の局部責めで激しく悶え、荒々しく声をあげています。撮影カメラは、彼女の形のいいヒップラインと、陰毛が完全に剃られた綺麗で卑猥な局部(おまんこ)をアップで見せてくれます。

 

あなたは多くの日本の「鉄拘束SM作品」を見てきたかもしれませんが、その中でもまだ見てないのは、きっと鉄拘束プレイ中の ” 女優のおまんこ ” ではないでしょうか? 海外SMポルノサイト『KINK.COM』なら、この動画に限らず膨大なSMプレイ中の「女優のおまんこ」が飽きるほど楽しむことができます。

KINK.COM(デバイスボンデージ)配信
「Petite Asian Bondage Virgin, Gets a Dose of Suffering」
サンプル動画をご覧ください

膨大なSM動画は、もうすぐそこです。
(会員登録後に1万点以上のSM動画がすぐにでもご覧になれます)

それでは、この『KINK.COMネットワークチャンネル』というサイトが、果たしてどのようなものなのか? 日本一 管理人「蘭丸」が詳しく解説しましたので、以下リンクからKink.comの概要をご覧ください。

>>KINK.COMネットワークの概要を詳しく見てみる。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください