辻本りょう

美少女コレクター 胡蝶の罠 辻本りょう
配信サイト:DUGA デュガ
監督:千葉曵三(ちば えいぞう)
出演女優:辻本りょう、華凛尚
収録時間:約147分
発売日:2010年2月1日
プレイワード:鼻責め、蝋燭責め、浣腸

管理人:蘭丸

SM動画というものは、凝りに凝りまくった内装のプレイルーム、SMという雰囲気を限りなく追及して工夫された証明効果など、それらは必ずしも必要でもないし、また必ずしも動画を見応えあるものにする力を発揮するわけではない.. そんなことをあらためて実感させてくれるのがこの作品『美少女コレクター 胡蝶の罠』です。 作品の発売時期が2010年ということも影響しているのかどうか分かりませんが、この作品は特別SMプレイルームっぽい部屋はまったく出てこなく、SM動画でよく見られる怪しげな発色を放つ照明効果もほとんどありません。 すべては、変態美少女コレクター「千葉」の監禁家の一室です。その部屋は和室です、ごく普通の和室。

この作品の中で美少女コレクター役を演じているのは監督である「千葉曳三 (ちば えいぞう)」氏自身です。彼はSM動画の監督としても有名であり、同時に縄師でもあります。彼が得意とすプレイのひとつが「鼻責め」です、実際この作品内での鼻責めプレイが多数見られます。
100点万点中:65点

できれば女をコレクションして自宅部屋で飼育してみたい..そんな願望は男なら多くの方が抱くことでしょう。

辻本りょう
辻本りょう

収録時間は147分で登場する女優は「辻本りょう」と「華凛尚」ですが、「華凛尚」に関してはあまり気にする必要はありません、この際無視してください。ところでこの作品のメインの獲物「監禁された奴隷役:辻本りょう」ですが、AVプロダクション「ティーパワーズ」所属で現在現在31歳です。今もなおAV女優活動を継続中で彼女がこれまで出演してきた作品は膨大な数があります。

物語り自体はタイトルにあるとおり、美少女をコレクションし奴隷化してSM調教するのが趣味という成金変態親父の物語です。大きな屋敷、そのこに住むこの変態親父は自分の手下である「銀次」という男に自分の美少女趣味を教えこんでいます。

「女の身体を自由にしたければ、金さえあればどうにでもできる..しかし、私はそんなことに興味はない、女の心まで奪ってしまいたい、そうすることではじめて私のコレクションに加えることができる..」

映像の中でこの変態親父は銀次にそう話しています。 世の中に何もその対象が美少女でなくとも様々なコレクターという人達が存在しています。それは「ミニカーコレクター」であったり、「フィギュアコレクター」だったり.. これらの人達に共通するものは「収集癖」というものであり、自分が大好きな分野の物をひたすら集めまくることで満足感を得る人達ですね..

私にはあまりこのような趣味はありませんし、何かを集めているということもありません。
だから、正直コレクターという方々の心理はいまいち共感できない部分もあります。しかし、それが生身の人間、女、それも若くて美しい美少女となれば話は別です。まぁ 生身の人間をコレクションするなどあまりに非現実的であり、そんなことできるはずもありませんが、それがもし現実に可能になるのであれば、こんな嬉しいことはないでしょう.. これは世の男性であれば皆同感だと思います。

自分の好みの女、それも若い女の子を街中で攫ってきて自宅の家の中に監禁する。
完全に犯罪行為ですが、もし可能であればこんなこと一生に一回ぐらいはしてみたいものです。
これを147分の監禁調教物語りとして映像化したのがこの作品です。

私は日々鑑賞しているSM物の動画の中で、この作品をたまたま見つけて見てみました。発売日も古いですし、パッケージの印象もなんの目新しさもなかったのですが「美少女コレクター」という文字に興味を惹かれたわけです。

SMに関するありとあらゆるプレイに加えて、意外にや色っぽい辻本りょうの身体。

監督である千葉氏に「獲物(若い美少女)を捕獲してこい」と指示されたとおりに、銀次はある日、街中でひとりの美少女(辻本りょう)を襲い車の中に押しこんで連れ去ります。

拉致された辻本りょうは、気を失い目が覚めるとそこは千葉氏の自宅監禁部屋です。
彼女は身体を縄で縛られ、ミニカスートははだけ生足が剥き出しになっています。縄の間からは乳房が露わになっています。
ここから147分にも及ぶ監禁地獄プレイがはじまっていきます。

この作品の内容としては、前述したとおり千葉氏の得意技である「鼻責め(鼻舐め、鼻フック、鼻の穴責め)」などを含め、蝋燭責め、鞭打ち、本番セックス、フェラチオ、アナル責め、浣腸、そして少しですが華凛尚との女同士のプレイがあります。

この作品が制作された時期は2010年であり、この記事を書いている今(2018年)からは約8年前です。つまり彼女(辻本りょう)がまだ23歳くらいの頃でしょう.. そのせいもあってか映像の中での彼女の肉体はとても若々しく、乳房、お尻、脚などはとても色気のあるラインで、彼女の身体はいかにも美味しそうな20代の女性の身体をしています。

正直、私は彼女の顔は好みではないですが、このときの体つきは合格点です。

私がなぜこの作品のレビューを書くきになったか?..

たとえば、映画の中では傑作と呼べる作品の中には、ときにBGMや効果音などほとんどない映画などがたまにあります。それに反して、派手なCGを多様して、効果音や背後で流れるサウンドトラックがかなり工夫されているにも関わらず、演出ばかり先走ってしまい内容がチンケでしょもうもない映画などがあったりもします。これは最近の映画などによく見られることです。 

私はAVに限らず映画も好きでよく見たりしていますが、本当に良質な映画とは余計な演出効果などなくともいい映画はいいです。 制作費に金をかければいいというものでもないし、演出に凝りまくればいいというものもありません。

これは日本のSM作品もいえることです。 どうも日本のSM作品には演出ばかり凝りすぎて内容がとんちんかんで終わってしまっている作品が多いような気がします。コレ、私だけでしょうか..?そう感じるのは。

そんな意味も含めて、この作品『微美少女コレクター 胡蝶の罠』は、無駄なものを一切齟齬落とし、内容のみで勝負している正統派のSM作品ともいえます。 確かにそうはいっても、内容は強烈に独創的なものがあるわけでもないですし、ストーリーがちゃんとある動画なのであなたが超ハードなSMプレイ動画を探しているのであれば、それはちょっと違うのかもしれません。
日本のSM作品で超ハードSMプレイが含まれる作品のほとんどは、ストーリーがある作品ではないですからね..

でも、あなたがそれらの類ではなく、ストーリー性のあるSM作品を求めているのであれば、この作品は結構おすすめです。更にあなたが「監禁・拉致・調教」というワードに興味があるのでしたら尚更です。

147分という比較的長い収録時間の中には、前述したとおりありとあらゆるプレイが含まれており、そして同時に「辻本りょう」というAV女優の悩ましい肉体をじっくりと鑑賞することができます。

身体を震わせ蝋の熱さに耐える彼女の姿と表情、イチジク浣腸を尻の中に何本も突っこまれ、悶絶し、そして肛門から噴射される液体..などなど。因みにこの作品の「辻本りょう」に対する浣腸プレイでは、注入されるのは牛乳などではなく、透明な液体(おそらくただの水でしょうか)が注入されます。そのせいか、彼女の肛門から噴射される液体の色はよくある他のSM動画の浣腸プレイのように薄茶色い濁った色ではありません。

一見地味のように見える作品ですが、内容はよく纏まっています。SM作品選びに迷いすぎて些か疲れてきた方はまずはこの作品を見ているのもいいのではないでしょうか?..なんといっても今DUGAであればレンタル価格1本「500円」で購入することができます。

辻本りょう主演「美少女コレクター胡蝶の罠」
サンプル動画をごらんください

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here