Tilt-A-Girl | Charlotte Sartre
配信サイト:InfernalRestraints 地獄の拘束
出演:シャーロット・サルトル
収録時間:約49分53秒
動画配信日:2016年2月5日
プレイワード:鉄拘束、おまんこ吸引ポンプ

管理人:蘭丸

日本のSMAVのように鉄拘束プレイには必ずしも本番セックスは必要ない。
吸引ポンプ、それに吸いとられるクリトリス.. 彼女の恥丘はふっくらと盛り上がります。
彼女(シャーロット・サルトル)のおまんこ吸引ポンププレイに関する記事は以前書きましたが、この作品でも同じような「おまんこ吸引ポンププレイ」が鑑賞できます。この1時間近くある動画は、最初から最後までシャーロット嬢が鉄拘束に拘束された状態で責められる内容です。
このInSexの作品も含め、彼女は出演する作品は多数ありますが..彼女の「まんこ」は人間の口で言うと、口が小さいくて、ものを喋るときに「もにょもにょ」言っている人間と同じです。
世の中にはハキハキとものを喋る人もいれば、小声でモゾモゾと喋る人もいます。

InSexのSM動画に出演するポルノ女優は皆、拷問プレイをうけるさいに決まって「おまんこ」を責められますが、多くのポルノ女優は、おまんこのビラビラを大きく開いてハキハキと苦痛を訴えています。使いすぎこんだ「おまんこ」だからなのか、責めらるのに慣れすぎた「おまんこ」だからなのか分かりませんが多くの洋物SMポルノ女優のおまんこは腐っています。

おっと申し訳ありません、海外のSMポルノ女優の悪口を言っているような表現になってしまいましたが、そのような意味ではありません。大体SMポルノに限らず、ハードコア系のポルノにしても基本的に外国人は日本人女性のように恥じらいというものがないので、大きな股を開いて ” おまんこをおっ広げ ” にすることに抵抗感はありません。それはSMポルノ動画の中でも同じことが言えます。

この記事を今読んでいるあなたは、海外SMポルノというものを見たことがある人なのか、そうではないのか分かりませんが、おそらく金髪ポルノ女優のおまんこなんて「○○なもんだろ..?」とか..
そんな印象を抱いているのではないでしょうか?..
確かに可愛らしい日本人AV女優の「おまんこ」に比べて、外国人の恥じらいのない「おまんこ」がサラサラ興味が持てないのかもしれません。私も同じく、その気持ちは良く分かります。

「おまんこ、おまんこ」などと連発して、おまんこばかり強調してしまいましたが、この作品はSM作品であり決して彼女の「おまんこ」ばかりが見どころではありません。

この作品では、鉄拘束具という正に ” 鉄 ” でできた拘束具を全般に渡り使用し、そしてその本来の鉄拘束の持ち味が存分に生かされている作品です。

前述したように彼女(シャーロット・サルトル)の「おまんこ」はハッキリものを喋らない女の子、つまり自己主張が上手くできない、口下手な女の子の口といっしょです。
考えてみると、実際の彼女はそれぞれの動画内のインタビューシーンなどを見ても、いつも小声でモソモソと喋っています。それは彼女の性格であって、それこそ彼女の持ち味なのでもちろんそれはそれでいいです。

それは映像を見れば分かります、彼女のおまんこはとても穴が小さくて少女のようなおまんこだということを..

冒頭で訳の分からない話をしてしまいましたが、要するに私から見ると「彼女のおまんこ」は普段の彼女の口と性格にとてもよく似ているということです。
少女のように小さい膣、何回も何回も、外人ポルノ男優の巨根を咥えこみ、そして使いこんできた「おまんこ」なのに.. 時にはまるで大砲のような真っ黒い化け物のような黒人の巨根まで咥えこんできた「おまんこ」なのに..
でもなぜか、いつみても彼女の「おまんこ」は少女のままのような気がします。いつみても穴が広がってないんですよ..本当に。 毛がないからではありません。確かに彼女はパイパンですが、外人ポルノ女優がパイパンなのは当たり前ですから、それは関係ありません。

そんないつまでも少女のような「小さな筋マン」の彼女はこの作品で演じたのは、やはり予想どおり「おまんこ責め」がメインでした。しかも、この作品の「おまんこ責め」また吸引ポンプが登場します。彼女のクリの辺り..恥丘のあたりといったほうがいいでしょうか?.. いゃ クリですね..そう彼女のクリの部分は吸引ポンプに吸われてコンモリと膨らんでしまったんです。

もちろんこの動画内では、彼女おクリの部分に吸引ポンプを吸いつかせる瞬間から、少しづつ吸いとられて膨らんでいく様子、そしてめい一杯膨らみきったあとには吸引ポンプを外すシーンまでアップで映っています。

彼女という女性は腹が座っているのか、度胸があるのか、あるいはただ単に鈍感なだけなのか、それは分かりませんが、プレイがスタートして最初に鉄拘束の拘束され、相手の男性は鉄拘束具の後ろの金具をペンチで固定しているときでも、彼女は表情ひとつ変えません。
それがSMプレイには、もう慣れているからと言ってしまえばそれまでですが、このときの彼女の顔は不安気な顔でもなく、だからといって余裕のある表情でもありません。まぁどちらかというと慣れている表情なのでしょうが、彼女は独特な女性です。悪く言うと仏頂面、でも笑うと可愛い..
だから穴の極めて小さい彼女の「おまんこ」は普段は「仏頂おまんこ」なんですよ..
極端に言うと男を知らない「おまんこ」に見えなくもないですから。

そんな大人しめの彼女の「おまんこ」はこの作品で、思い切り左右から開かれます。
そして私は映像を見て気づいたのですが、責められているときの彼女の「おまんこ」は濡れてきていますが、その光景は濡れているとかいうよりこ、まるで「汗をかいているおまんこ」のように見えてしょうがありません。また訳の分からないようなことを言っているようですが、おまんこのビラビラを両側から挟まれ、大きく彼女の膣が開くと、その彼女のおまんこじっとりと汗でビショビショになっているように見えます。

この彼女は着てきた衣装は、紫色の服です。男はまず彼女の口に口枷を宛がい、そして男は彼女の口の中にパンツを突っこみます。そしてパンツの中に手を突っこみ彼女の股間を弄繰り回します。
全頭マスクを被せ、鋏で彼女の衣服を切り裂く、彼女の小さな胸はこれで露わになりました。

衣服の上部を鋏で切り裂いたことことかえ、男は彼女のスカートの部分を指で切り裂きます。
撮影カメラはここで彼女のパイパンおまんこをアップで映します。 そして男は彼女を鉄拘束具に固定し、鞭を取り出し激しく彼女の太ももあたりを投打していきます。
このときの鞭打ちシーンですが、力が結構強いです、かんり力強く引っ叩いています。

鞭で打たれる度に絶叫する彼女。普段口数の少ない彼女が自分自身を思い切り表現するのは、もしかしたらこんなSMのシーンなのかもしれません。このときの鞭打ちは数回に渡り行われますが、鞭で打たれはじめた瞬間から、彼女の太ももに赤く鞭の痕が刻まれていく様子が映像にしっかりと収められています。

動画17分が経過

吸引ポンプの圧力で空気が抜ける音..汗だくのおまんこ

鉄拘束具に固定されている彼女は、今度ほとんどそのまま逆さの状態にされます。そしてここで男は彼女に ” 擽り攻撃 ” をしていきます。さっきまで痛みで悲痛の表情を浮かべていた彼女ですが、今度は思い切り笑っています。どんなに普段無表情な女の子でも、こんなSMプレイのときはストレートに感情を出さずにはいられないのでしょう(当たり前かもしれませんが)

脇腹、足裏、一番感じやすい擽りポイントを擽られてケタケタと笑う彼女。

彼女を存分に笑わせた後は更に強烈な一本鞭打ちプレイがはじまります。このとき使用されてい一本鞭はとても細い一本鞭です、細ければ細いなりに痛さが増すのでしょうが、このとき男はあまり強くは叩きません、ゆっくりゆっくりと鞭を巧みに操りながら、振り回しながら彼女の尻の辺りを叩いていきます。鞭の強さはそれほど強く叩いているようには見えませんが彼女はかなり痛がっています。

そしてここから『吸引ポンププレイ』が行われます。

まず男は、彼女の局部のビラビラ、そのブラブラ左右を器具で挟み、そしてその器具に繋がれら紐を少しづつゆっくりと引っ張ります。徐々に彼女のおまんこビラビラは左右に開いていきます。
このとき撮影カメラは彼女のおまんこで大アップで映し出しますが、やっぱり彼女のおまんこは汗だくです、びしょびしょというよりは、やはり汗がタラタラと表現したくなります。

そして吸引ポンプで二回ほど、クリの辺りを吸い上げるのですが、吸っている途中で彼女のおまんこから空気が抜ける音がはっきりと聞こえます。それはまるでオナラでもしているようです。
吸引ポンプでめい一杯彼女のおまんこを吸い上げた後は、アナルにいつもの長い棒を突っこんでいきます。そしてこのとき、更に電摩が登場してきて電摩でも刺激するのですが、おまんこを直接刺激するのではなく、クリの部分に吸いついているポンプに微妙に電摩の振動を送っていっています。

ポンプを伝わり、おまんこに刺激を感じる彼女はこのとき悶えヒィーヒィーと声を挙げます。

ある程度股間を責めたら、吸引ポンプは外されます。彼女のおまんこはぷっくらと膨らんでいます。男は吸引ポンプの圧力で負荷がかかったおまんこを癒すかのように、まんこマッサージをはじめます。

この後は彼女がうつ伏せの鉄拘束状態で、ファッキングマシーン責めがあります。

無機質なイメージの彼女はもしかしたら「おまんこ」は最大の武器なのかもしれません。
私は以前、彼女のおまんこを、まるで「オナホール」のような形の「おまんこ」と表現しましたが、いずれにしても彼女のパイパンおまんこは ” 最高にキュートなおまんこ ” であることは間違いありません。
この作品は「InfernalRestraints 地獄の拘束」で配信されています

蘭丸

貴方はきっと気に入るはずです。
それではこの『InfernalRestraints 地獄の拘束』が、具体的にどのようなサイトなのか? 筆者が詳しく解説しましたので、以下のページをご覧ください。

配信動画数500本以上。米国ニューヨーク発 ハイクォリティ超マニアックSM動画配信。
INFERNALRESTRAINST (地獄の拘束)
日本国内から ” 約2分の入会手続き “ で会員登録完了。
その場ですぐにダウンロード視聴可能。

ダウンロード無制限・見放題。

>>InfernalRestraintsの詳しい内容を知るには
こちらをクリック。

 

スーパーマニアック過激SM動画 INFERNALRESTRAINTS 地獄の拘束

コメントを残す